最近のトラックバック

« 前々日からの補足. | トップページ | 日曜は図書館で. »

『コンクリート住宅は9年早死にする』を読んで.

 先日からマウス実験を例に話を続けていますが,この実験の内容で冒頭からショックを与えておいて,コンクリートの殺人的特徴がガンガンに列記されます.これでもかと言うほど,権威にすがった形で恐怖心を煽り,最後には「なぜか建築学会は沈黙を続けている.」といった風に締めくくり,沈黙つまりは,事実として認めながらも尚も改善されないと言ったように話をまとめる.次いで,ゼネコンやハウスメーカー批判に発展する.

 基本的に消費者運動的な展開なので,冷静さに欠く内容が多い.この点については,マウスの実験で話したとおりです.

 後半は,木造の実例を淡々と紹介している.全体構成として,コンクリート建築を酷評しておいてから,木造技術の高さを再認識することで,木造建築を推進している内容である.

 後半の実例は参考になる.むしろ,前半の情報処理不足な展開に苛立ちすら覚えるので,後半の内容が霞んでしまう.せっかくの実例紹介なのだから,写真や図面などを用いて充実させて欲しかったと思う.まあ,そうなると専門書の方がよっぽど,美しく紹介してくれるのだろうが….

 総評として,自然食品の講演会(販売会)みたいな感じの本と言っておこう.

« 前々日からの補足. | トップページ | 日曜は図書館で. »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128508/27917331

この記事へのトラックバック一覧です: 『コンクリート住宅は9年早死にする』を読んで.:

« 前々日からの補足. | トップページ | 日曜は図書館で. »


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ