最近のトラックバック

« ハウスメーカーの存在意義? | トップページ | 『[建てる前]に読む本』を読み終えて. »

住宅営業への批判.

 昨日のブログに引き続き,住宅営業の批判について書きます.

 さて,「契約まではニコニコ,後は知らんぷり.」と言った内容の営業批判をよく見聞きしますね.特に大手のハウスメーカーになるほど,組織化,分業化が進んでおり,この傾向は強いと批判されているようです.その点,「小さな工務店は営業が現場も見てくれて,いつでも応対してくれるし,社長自らが接客から当たっており,責任感が強く安心できる.」といった評判が高いようです.

 しかし,私が思うに,このような批判をした人が望んだ結果なのでは?と考えます.

 つまり,消費者の方が,買い物をする際に希薄な人間関係を望む傾向が強くなっていると感じるからです.おそらく,契約前までニコニコしていた営業マンの問いかけに,常にそっけない態度をとっていたのではないかと想像します.まあ,買うか買わないかわからない状況で,営業マンと親密になるとは思えませんが….

 営業マンとしては,契約前までに親しくしていただいたお客様はその後も気になるものです.設計時も工事中も,そしてその後も.そうした人の繋がりから次の仕事が生まれるわけですから,「後は知らんぷり.」とは俄かに信じがたいことです.

 ですから,人間関係のあり方は,消費者が望んだ結果の反映かなと感じます.

 同じような批判としては,「最後の入金をしたとたん,知らんぷり.」 と言ったものがありますね.これは,ハウスメーカーよりも工務店の批判としてあげられることが多いようです.反論意見としては,地域で商売している工務店がそのような態度をとるわけがない.アフターサービスもしてこそ,地域に根ざしていると言うことです.…同じようなものですね.

 確かに,大手ハウスメーカーのように組織化している場合,アフターサービスもコールセンターなんかが24時間受け付けたりしていて,人間関係は希薄かもしれません.しかし,問題はサービスが的確に受けられるかであって,その手段は批判の対象ではないかと思います.むしろ,個人の趣向ですね.

 人間関係は自らが作り上げていかないと,と思うのです.

« ハウスメーカーの存在意義? | トップページ | 『[建てる前]に読む本』を読み終えて. »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128508/28043429

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅営業への批判.:

« ハウスメーカーの存在意義? | トップページ | 『[建てる前]に読む本』を読み終えて. »


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ