最近のトラックバック

« シリーズ.木造か鉄骨造か?第1弾. | トップページ | シリーズ.木造か鉄骨造か?第3弾. »

シリーズ.木造か鉄骨造か?第2弾.

 さて,昨日に引き続き第2弾を.

 自社の最新技術と,一般の旧態依然とした工法を比べると言う話ですが,これは家づくりにおける特殊な事情が災いしています.つまり,家づくりを考えいる人は,今住んでいる家が古くなっていると考えられます.建替えの人なら築20年以上は経っているでしょうか?仮に築30年の木造住宅に住んでいるとしましょう.

 そんな人が,鉄骨造の住宅展示場を訪れたとします.

 「シロアリの被害はありませんか?雨漏りは?床がギシギシなっていませんか?ドアの開け閉めが硬くなっていることは?」などなど営業マンに質問されます.おそらく,そのほとんどに当てはまることでしょう.

 次に,その問題点は,木造で建てたことによるのが原因だと説明されます.特にシロアリの被害などは木造では周知の事実ですし,鉄骨造であれば解決できるであろうと容易に想像できます.実はこれらの問題点は,木造に起因しているのではなく,経年変化による劣化であったり,今現在の木造技術であれば,解決している問題だったりします.中には鉄骨造であっても築30年もすれば起こりうる問題も含んでいたりします.

 しかし,この事実を冷静に分析できるほど,家づくりを始めた人には経験もなければ知識もありません.何しろ,その家に30年住み続けていたわけですから,家に関する情報と言えば築30年の木造住宅オンリーなのです.もちろん,それ以外に住んでいた経験や他の家に寝泊りすることもあったでしょうが,家づくりの判断材料はその家が基準になってしまうことでしょう.

 もし,あなたが築30年の木造住宅に住んでいなかったとしても,築浅の最新住宅に住んでいて,家を建てようと思う人は稀だと思います.(こういう人は別の問題があるのですが,それは後述するとして.)つまり,大半の人が何らかの不満を持っている古い家に住んでいることだと思います.その不満点を引き合いに出されれば,勧められている家の優位性が際立ってきます.

 こうして,「自社の最新技術と,一般の旧態依然とした工法を比べると言う話」はごく自然に用いられ,聞き手も,その理不尽さに気付かないまま引き込まれてしまいます.

 ところで,木造が自社工法であればどうなのか?まず,築数十年の家の問題点を比較に出して,現在の優れた点をアピールすることには変わりありません.

 では,鉄骨造と比較されるとどうなのか?これは,まず,生理的に受け入れられるかどうかを突いてきます.それと,鉄骨造の実績の無さを突いてきます.そして,あらためて,諸問題が解決された最新の木造の家の説明を振り返ります.鉄骨造に少しでも懸念のある人なら,これで鉄骨造での計画はあきらめることでしょう.

 こういった背景でもなおかつ,冷静に比較検討して行こうという人は,次の点に留意すべきです.(続きは次回に)

 

« シリーズ.木造か鉄骨造か?第1弾. | トップページ | シリーズ.木造か鉄骨造か?第3弾. »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128508/28260057

この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ.木造か鉄骨造か?第2弾.:

« シリーズ.木造か鉄骨造か?第1弾. | トップページ | シリーズ.木造か鉄骨造か?第3弾. »


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ