最近のトラックバック

« 入園準備. | トップページ | 情報,資料をどう読む?続き. »

情報,資料をどう読む?

 ブログで『コンクリート住宅は9年早死にする』という本を読み始めたとお話していました.人生の過半をコンクリート住宅で過ごしている私は,5年は早死にしそうです.

 さて,この本の冒頭にマウスの実験の話しが出てきます.ちょっと住宅に興味のある方ならご存知かと思いますが,マウスの巣箱をコンクリートで作ったらバタバタ死んじゃったっていう実験ですね.木造住宅会社にとっては好都合のないようなので,そこの営業マンから,…ですから木造で家を建てるべきだという風に情報提供されるといった具合で耳にしていると思います.

 本日の主題はこの実験の話を取り上げて,コンクリート住宅の殺人性を問うのではなく,「1つのの情報が提示された時に,どう知識として取り入れるべきか.」といった話題提供です.

 その情報の一例にこのマウスの実験を選んだわけですが….「静岡大学の実験で,コンクリート製,金属製,木製の巣箱があり,それぞれでつがいのマウスを育成する.子供が生まれたあと,20日間飼育してその生存率を調べてみると….コンクリート7%,金属製41%,木製85%となりました.」と入ったものです.

 木造住宅の営業の話やパンフレットなどの木造信仰派は,上記の結果から,もっとも安全な木で家を建てるべきですと話を締めくくる.…90%以上の致死率ですから,ショッキングですね.マウスの実験とはいえ,同じ動物ですから,ヒトとて無視できません.コンクリートがいいかなぁ,鉄骨がいいかなぁなんて悩んでいた人たちを救う神の一言ですね.

 家は木造で建てるべきです.コンクリート校舎に通っているお子さんや,コンクリート病棟で入院しているご家族がいれば,すぐにでも連れ戻しましょう.…私も木造好きな1人ですがそこまでは思っていません.本題に戻しましょう.

 さて,このような情報が入ってきたとき,信じるのも疑うのも簡単です.それよりも正確に把握することが大切です.情報提供者はこの実験結果の内,自身に有利なものしか公開していないと考えるべきです.それを想像して,提供された情報に加味する必要があります.

 今回の実験の場合,比較実験ですから3つの巣箱が同条件でないと比較対照になりません.つまり,それぞれの巣箱の大きさは全く同じものか?などの条件が気になります.この実験では内側の大きさを等しくしています.マウスの生活圏が同じ広さなら同条件だろうと言うことですね.

 一般的になら十分,等しい条件にしたと言えるのでしょうが,この結果を,木造住宅の安全性や,コンクリート住宅の危険性としての比較データとして採用するならば,

 強度も等しくするべきだろうと私は考えます.

 そうでなければ,同条件として信頼できる実験ではないと考えます.少なくとも建築を学んだ人間としては.…すみません,ちょっと時間がなくなったので続きは次回にします.

« 入園準備. | トップページ | 情報,資料をどう読む?続き. »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128508/27764175

この記事へのトラックバック一覧です: 情報,資料をどう読む?:

« 入園準備. | トップページ | 情報,資料をどう読む?続き. »


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ