最近のトラックバック

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

ダークライ&ドーブル.

 ポケモンバトルを忘れて,久々に本編を進めてみました.

 …と,ダークライに会えるではないか!?

 特別なポケモンは映画を見ないとゲットできないと思っていましたが,プラチナになってそのあたりも改良されていたのですね.

 =ダークホールドーブルを育成できる可能性が急浮上.対戦相手には何度か遭遇していましたが,どんなものでしょうか?

 ドーブルは多彩なわざが使えるとは言え,能力値が低いため,そうそうメジャーに出てくるポケモンでは無いようですが….それゆえトレーナーの腕の見せ所といったところ.はてさて,どうなりますでしょうか.

ウォシュレット考.

 突然ですが,今日はウォシュレットの話です.

 と言いますのも,旅行して,改めてウォシュレットのありがたみを実感したからです.

 ウォシュレット.TOTOの商品名ですので,温水洗浄機能付暖房便座と言った方が良いのかも知れませんが,温水洗浄機能付暖房便座と言ったところで,えって思いますよね.多分,ウォシュレットの方が,すんなり来ると思います.

 INAXだろうが,松下電工だろうが,東芝だろうが…,皆,ウォシュレットと呼んでしまっているような気がする.本当は間違いなんでしょうが….

 さて,私の記憶するところ,そのウォシュレットの普及率が1番だろうと言われていた地域で生まれ育ってきたわけですから,私のおしりは,ウォシュレットなしでは生きられないのです.それが,突然の仕事の都合で転居することに….

 こんなに,ウォシュレットがない地域があるなんて…知らなかった.と言うか,と言うより,私の住んでいた地域が特別だったのかも知れない.いろいろと生活面は便利になってきていますが,一部の地域,それに首都圏を除いた日本の大半の方がスタンダードなのかも知れない.

 旅行先では,次女は和式便器に慣れていないので,洋式便器を探すのに苦労しました.宿泊先も高層で結婚式場もあるような大型のホテルだったのに,公衆トイレに洋式のブースが1つしかないのにも驚かされた.

 先日TVを見ていた時に,タレントさんが海外ロケから日本に帰ってきたときの感想を話していました.「ウォシュレットがあることに安心する.」と言ったような内容を話していたのですが….この感想,国内旅行でもあり得る出来事なんだと感じました.

 でも,この話.同感する人と,意味がわからない人に分かれるんだろうなぁと思います.

 私もウォシュレットのTVCMが行われた頃は,その必要性が理解できなかったし,おしりを水で洗うなんて…,気持ち悪い,と思っていた.

ハーモニーランド.

 ホテルに連泊して,中日を利用してハーモニーランドへ行きました.

 開園前に到着したので,閉園までフルに遊べました.イベントやキャラクターが出てくる時間帯をチェックして,隙間を見て食事をしたり,乗り物に乗ったりと,子供2人も遊びに夢中とは言え,ずいぶんを体力がついたなぁと感心しました.

 …私の方は,風邪が完全に治り切れていなかったので,たびたび,ぼーっとしていることが多かったのですが,子らが始終はしゃいでいるので,よかったです.

 ホテルの方も,キティルームを予約してよかった.こちらでも大はしゃぎでした.

明日から小旅行.

 先週の連休は渋滞のニュースをよく見かけました.今週末はいかがなものかしら?

 子供が喜びそうなところで,ハーモニーランドに出かけようと計画しています.

 あっ,そう言えば,チケットを重複して買ってしまったと言う話をしましたね.

 あれから,宿泊先のホテルに連絡したところ,快く,チケット分のみキャンセル&減額してくれました.セットプランだから,仮に減額してくれても少額だろうと思っていたら,相当分の減額でした.結果的にお得な買い物に成功したわけですが,あの時は焦った~.

 …風邪を治さなきゃ.

春休み.

 昨日,娘が卒園式を向かえた訳ですが,当然のごとく春休みになり,家でゴロゴロしています.

 幼稚園バスに乗り遅れないように,起こして朝ごはん食べさせてと…慌しい朝も疲れるけど,後の時間が断然,自由に使えます.

 朝起きてから,「買い物は午前中に言ってくれ.」と注文を付けて来ます.…午後からはお友達と遊びたいからとのこと.

 …買い物に行くよと言うと,買い物袋をズルズルと引きずってきたり,見ていたTVの電源を慌てて消したりする次女がかわいいよ.長女もそんな頃もあったのになー.そんな次女も長女とツインでなまいきになってきているし….

 かわいけりゃ,お菓子の1つも買ってあげようと言うものを….

 …1人で行く方が気楽で良いよ.勝手に遊んでいてくれと思うようになった今日この頃です.

卒園式.

 長女が卒園式を迎えました.

 家にいると,ついつ次女と比べてしまって,お姉さんだからと…いろいろと要求してしまうこともあるのですが,幼稚園で見ると,まだまだ,ちびっ子だなぁと感じます.

 でもそんなちびっ子も,卒園式のため,いろいろと練習してきたんだなぁと感じます.

 あの長いお題目,3年間の成果だろうなぁ.まあ,内容のほとんどを理解せず,ただただ丸暗記しているだけなのでしょうけど.いつか,内容も理解して立派に成長してくれることを願います.

 今春は,次女と交代です.まだまだ,我が家の幼稚園生活は続きます.

 Takaさんコメントありがとうございました.

 ベッドでのポケモンは至福のひと時でした.ご指摘の通り,目が疲れたら,すぐに眠れるし….

 次回の対戦までは,ピカチュウが実戦で活躍できるよう,勘を養っておきます.(ピカチュウは能力値頼りでゴリ押しできるポケモンではないですね~.)

ピカチュウ活用法.

 昨日は,ありがたいことに,ベットで過ごさせていただきました.

 そうそう眠くもならないので,時々ピカチュウを育成していました.もともとかわいいピカチュウだけど,プラチナではモンスターボールから飛び出したときに,こちらの方を振り返って,「行って来るよ!」って言っているような感じで手を振ります.…かわいい.

 そんなピカチュウを見るのも終わりで,Lv50になりました.そう,バトレボに参戦です.

 耐久に乏しいピカチュウですから,性格ようきで,一撃与えられたらラッキーって言われているようです.ですが,ここは,あえて,いじっぱりで,攻撃力MAXパワーでボルテッカーを・・・.

 先ほどの対戦ですが,ユキメノコのふぶきを耐えての,プテラへのボルテッカーが決まりました.ソクノのみ持ちだったので,今後も耐久と攻撃力に期待です.

 …ボルテッカーを複数回放てるような,活躍の機会はあるのでしょうか.いじっぱりって,ライチュウへの進化を拒否してるっぽくて良いでしょ.

主婦は病気できない.

 …久々に37度後半の熱が出ました.ここ数日,のどが痛いなとは,思っていたのですが.そう高熱と言うわけではないけれど,体,特に腰とふくらはぎが痛い.

 今日は,家事もおさぼりして,ベットで過ごさせていただきました.明後日には娘の卒園式ですし,週末には旅行の予定があります.

ポケモンバトル,パーティー編成ストーリー.その5

 マイポケモンパーティーの変遷は,今日で終わりにします.

 さて,苦手ないかくパーティー対策ですが,攻撃力力重視では限界があるので,特攻の高いポケモンも選抜する必要がありそうです.クリアボディーやかいりきバサミで押し切ることも考えられますが,防御の高いポケモン対策にも特攻の高いポケモンが必要です.

 それに,アクアジェットにマッハパンチといかく持ちギャラドスには最悪の相性でした.

 …う~ん.でんこうせっかって電光石火でしょ.どうして電気わざじゃないんだ!

 って,ぼやいていてもしかたがないですね.

 いろいろ,悩んだ結果,選抜したのがサーナイトでした.特攻が高く,特防も高い.私のパーティの補強に良さそうです.

 ところで,サーナイトの育成は,このブログでも少し触れていましたが,もともと,スキルスワップを覚えさせようと思っていました.これは,相手の特性を逆に利用しようと考えたからです.しかし実際にバトルしてみて,まだ,スキルスワップは覚えさせていません.これは,バトルの展開上,スキルスワップに1ターン割く隙が意外とないことと,とくせいトレースが想像以上に機能してくれた点です.

 あく相手になると,文字通り最悪なのですが…,今はサーナイトを気に入っています.

 サーナイトを起用してみると,案外,ピカチュウとの相性の良さにも気付きました.

 ピカチュウ….使ってみたいけど,バトルでは,とても使いづらい.でも,今,ピカチュウ活用法にはまっています.

 昨晩も,相手のダークライ,カイオーガをダーテングで牽制しつつ,後続のパルキア,ディアルガをこちらの後発ピカチュウで沈めることができたのは,実に爽快でした.

 伝説系4体を屠るピカチュウ….カワカッコイイ.

ポケモンバトル,パーティー編成ストーリー.その4

 さてさて,そんなわけで,ポケモンバトル用のパーティーを総替えというか,再構築する決意をしたのですが…,

 コンセプトとして,あまごいすいすいパーティーとトリックルームパーティーに安定して勝てるようにしたいという思いがありました.

 それまでは,スピード重視で先制して攻撃を決める,攻撃は最大の防御といった感じのパーティー構成が基本でした.しかし,すいすいとトリックルームによって,ポケモンのスピード関係は逆転して,2ターン目以降,主導権が取られてしまうのです.そう,これが,私のパーティーの弱点だったのです.

 初め,ようりょくそで,すいすいに勝る最速パーティを創ろうかと考えました.すいすいのみず主体パーティーやトリックルームのいわ・じめん主体パーティーにも,くさポケモン主体は相性が良いです.しかし,ようりょくそポケモンには,すいすいポケモンほどメインアタッカーになれそうなポケモンは思い当たりません.それに,にほんばれで,ほのうに焼かれる弱点もあります.もちろんすいすいパーティーもかみなり必中と隣り合わせの作戦なのですが,ねっぷうで2体同時に焼かれることは,ダブルバトルでは実に痛いのです.

 そこで,思いついたのことが,先制わざを全てのポケモンに覚えこませることです.これで,スピードが逆転することに悩まされることが軽減されます.いままで,すばやさ重視だったところをHP重視に変えて,耐えて,反撃,時には先制わざで…と想定したのです.

 実際に対戦してみると…,

 先制わざは,やはり威力が低いことで,想像以上に苦戦させられました.いのちのたま持ちやとくせいに,4倍ダメージが多い相手ポケモンを想定することで,だんだんと勝率が良くなってきました.ゲームの勘も重要で,先制わざで沈められる残りHPかの読みが,勝敗を分けます.このことは,勝敗よりも対戦をおもしろくしてくれました.

 あまごいすいすいパーティーとトリックルームパーティーは共に1ターン目は,攻撃よりも自軍に有利な状況に変化させることに手数を割きますから,そのターンは先制攻撃,2ターン目は耐えて反撃,3ターン目は先制わざで不利な状況を補うと言った戦術です.

 快勝はできません.残り1体でからくも守り切るといった展開になります.しかし,読み通りに展開していくバトルはある意味,完勝を予期しているしています.

 勝てるパーティーと言うより,負けないパーティーといった感じでしょうか?

 少なくとも当初の目標は達せられたのです.

 しかし,あらたなライバルが出現したのです.

 それは,いかくパーティでした.先制わざ持ちポケモンは攻撃力重視に偏りがちです.想定外でした.(想定するべきでした….)

ポケモンバトル,パーティー編成ストーリー.その3

 このところ,ポケモンネタが続いていますが,これでも1級建築士の資格持ちなんです.本当に.木造と鉄骨造についてのブログを長く読んでくれている方もいるようで,気になるところなんですが….昨晩も久々にTakaさんとポケモンバトルしてまして,その熱は冷めることがないのです.

 さて,こだわりスカーフ持ちユキノオーの話ですが,これに出会ったときは,度肝を抜かれましたね.先発アタッカーのガブリアスはもちろんのこと,相棒クロバットも….他にさいみんじゅつ対策のドンカラスにキノガッサ,低耐久アタッカー保護のトゲキッス,…こおり系に弱いとは思っていましたが…

 基本,こおり系で素早いポケモンはマニューラとユキメノコぐらいだし,ふぶきは命中率が悪いので,怖いと思いながらもそれなりの対策はとれていたはずでした.

 それが…,

 衝撃を受けた割りに,こだわりスカーフ持ちユキノオーを使っている人は少ないですね.どうしてでしょう?まあ,ねっぷうリザードンやふんかバクフーンで封じることはできるのですが…,こだわりスカーフは魅力的なもちものですが,戦略が立て難いですかね.

 一番ポピュラーなのが,ムクホークでしょうか?苦手な相手だったら,とんぼがえりで逃げれば良いし,何度もいかくを撒き散らすのも戦術の一つです.

 そう,確かに,こだわりスカーフ持ちユキノオーは,そうそう出会うポケモンでなく,そのためだけに対策を練る必要もないのですが…,

 ガブリアス機軸のパーティーに長らくこだわって,改良を続けていた私に,メンバー総替えを決意させたのでした.

ポケモンバトル,パーティー編成ストーリー.その2

 今日は朝から,PBRしてました.天気も良いので,シーツも洗ってしまおうと洗濯機をフル回転.待ち時間のWi-Fiバトルは主婦の特権です!…なんてね.

 さて,そんなわけで,10戦ほどしましたが,全勝で気分が良いです.ピカチュウもボルテッカーを決めてくれて,私の苦手なミロカロスを沈めてくれて満足です.最後は先発ダークライ2体に後発ギラティナ2体と言う,パーティに出くわしましたが,はやおきダーテング君がいいはたらきを見せてくれました.

 気分の良いところで,昨日の続きですが…

 ガブリアスのじしん機軸パーティーにも苦手な対戦相手が増えてきました.

 決定的に勝率が悪いのが,あまごいすいすいパーティとトリックルームパーティです.あまごいすいすいパーティには,ガブリアスも一撃では沈まないし,ロトムのほうでんもありましたが,公式ルールを意識してロトムを外してからは,惨敗となりました.

 う~ん.練り直しかな~.

 ガブリアスの相方には,ねっぷうにこだわっていましたので,リザードンから,ゴウカザル,バクフーン,ウインディなどいろいろ試しましたが,うまくいかない.トリックルームの起点はほとんどがドータクンなので,ほのおポケモンが良いのですが,あまごいすいすいパーティにさらに惨敗する有様です.

 ねこだまし持ちを先発することにより,相手の起点ポケモンをひるませて先に沈める先方は一時期効果がありましたが,敵も研究するものですね.

 すいすいルンパッパのねこだましで,こちらのアタッカーがひるまされたり,ヨノワールにはねこだましが効かなかったりで,作戦変更を余儀なくされました.

 その後,比較的安定感があったのが,最速クロバットにブレイブバードで特攻させる先方でした.ブレイブバードと言えば,ムクホークでしょって声もあったり,クロバットと言えば,さいみんじゅつでしょって声もありましたが,私としては対戦相手で,クロバットのブレイブバードに出会った時,強い印象を受けていました.

 正直なところルックス,特にあの前歯が嫌いだったので,クロバット導入にはその実力を認めながらも長い間,抵抗がありました.しかし,せいしんりょくでひるまない特攻野郎は実に活躍してくれました.

 唯一苦手なのは,さらに速いマルマインでした.あまごいしてから,かみなり.相手が悪けりゃだいばくはつと,嫌なことこの上なし.それでも,相方がルンパッパなことが多く,弱点が少なく耐久性の高いルンパッパには,ブレイブバードは必須要素だったのです.

 こうして,苦手なパーティ相手でも勝率を5分に持って行きながら,後発メンバーをいろいろ錯誤していたのですが…

 こだわりスカーフ持ちのユキノオーと言う,天敵に出会ったのです.

ポケモンバトル,パーティー編成ストーリー.その1

 記事『好きなポケモンは?それはバトル向き?』のTakaさんのコメントを受けまして,ポケモンバトル用のパーティーについて話させていただきます.

 さて,私はポケモンバトルしかもダブルバトルが好きです.まだまだシングルが主流のような気もしますが,公式大会にはダブルが採用されるなど,ダブルのおもしろさはシングル以上の戦略性の高さにあると思います.

 例えば,てだすけ,このゆびとまれなど,シングルには不要のわざが,ダブルではパーティーのコンセプトによって,おそろしいぐらい効果を発揮します.現在おそらく主流だろうトリックルームパーティーもシングルよりダブルでの効果は絶大と言えます.

 まあ,ダブル贔屓の話は今日はこれぐらいにして,私のパーティーの変遷について話を戻しましょう.

 まず,私がダブルバトル用のパーティーの機軸に選んだのはガブリアスでした.スピードと攻撃力を備えた名アタッカーです.そのころは,ボーマンダ派かガブリアス派かと言えるほど,どちらかが必ずと言ってよいほどパーティーに入っていたものですが…,

 私が惚れ込んだのは,じしんとのタイプ一致です.

 身方を巻き込むものの,相手両方にヒットするわざはダブルバトルの魅力です.このゆびとまれを無意味なものにしますし,まもるで本命に攻撃が加えられなくても,一方を攻撃できるため全くの空振りにはなりません.

 このガブリアスのじしんの相方には,リザードンのねっぷうかロトムのほうでんが相性抜群でした.

 ガブリアスの天敵と言えば,マニューラですが,耐久力に欠けるために,ほとんどの場合たすき持ちでした.同様に,素早いが耐久に劣るものはたすき持ちがほとんどのバトルにおいて,じしんで葬れなくとも,2派目のねっぷう,あるいは,ほうでんで仕留めることができました.ひこう,ふゆう系に対しては,いわなだれで対処することもできました.

 実にスピーディーに敵を一掃できて,小気味良いバトルができたものでした.

 ポケモンバトルレボリューションの本編はサクサククリアできたもので,Wi-Fi対人戦においても力押しで勝率も良かったです.

 …ただし,発売後だんだんとダブルバトル専用のパーティーが増える頃までは…

失敗した~.ちょっと記憶力に自信のなくなる今日この頃.

 この春休みに,娘たちをハーモニーランドに連れて行ってあげようと思い,ホテルを予約していました.その後(昨日のことですが)サンリオのショップに遊びに行ったところ,ハーモニーランドの前売り券なるものが販売されていました.

 当日券の2800円より,2000円と800円お得なので,家族分3枚を購入しました.合計で2400円安く買えたとその時は思っていたのですが….

 帰宅後,ホテルの予約プランを確認したところ…

 ハーモニーランドのパスポート付きのプランを予約していることに気付いた….

 失敗した~.ちょっと記憶力に自信のなくなる今日この頃です.

トラックバック.

 ブログを始めて数日が経ちますが,トラックバックについて悩んでいます.

 私は,ブログはコミュニケーションの手段の1つだと考えています.ですので,コメントやトラックバックは自由に書き込んだり,添付していただいて,交流の輪が広がれば良いなと考えています.

 先日,他のブログに興味を持ちまして読ませていただきました.とても好感の持てる内容だったのでコメントさせていただいたのですが,そのブログではコメントは管理者が確認してから公開する仕組みになっていたようです.

 セキュリティ上,それは1つの方法だと思うのですが…,いつまで経っても更新される風もなく,私のコメントも公開される風もありませんでした.まあ,私の書き込んだコメントの内容が,そこの管理者の気に沿わない内容であれば,それまでなんですが….

 何の音沙汰もないないままってのは,ちょっと寂しいですね.

 それとは別に,コメントを直ぐに公開できるようなブログも読ませてもらったのですが,そこの記事とは全く関係のないようなコメントが多く見られました.

 ほとんどが,アダルト系のサイトへのアクセスを促すものでした.

 ブログの趣旨に合ったものであれば,それも有りなのかなって思いますが,それに反する場合,見付け次第,削除した方が良いのでは?と思いました.

 かく言う私のブログも度々,アダルトサイトへの勧誘コメントやトラックバックなどが付加されることもありました.私は見付け次第,削除しているのですが….それまでに,ご覧になった方は不快な思いをされたかも知れませんね.

 申し訳ないです.

HP宣伝,1級建築士としての考え方.

 このブログでは,木造か鉄骨造か?というテーマに時間を割きましたが,これは,私としての考え方です.間違っているとは思えませんが,これにより,多くの人の意見がいただけたらなぁと思っています.実際,読んでいただいた方も多くいるようなのですが,ご意見はいただいていません.

 そこで,他にHPを設けたのですが,こちらの方は,もっと機能していないようです.まあ,中途半端な形でアップした私が一番悪いのですが….とは言え,後の方向性を決めかねていますので,今日はその方向性を探るべく,HPの宣伝をさせてください.

 以下に私の1級建築士としての住宅に関する考え方を述べさせていただきました.HPにアップした内容そのままの抜粋です.ここでは,HP用のキャラクターをつくってみましたが,考え方は私そのものです.よろしくお願いします.

 では….

 1級建築士の柊城建司(ひいらぎけんじ)です.1級建築士と言えば,イコール設計士といった印象が強いようですね.それは建築士の一面に過ぎず,建築に関する広範な知識を身に付けた技能者と言った方が良いでしょうか.

 現在,建築技術は高度かつ多岐に渡って発展し,それによって建築士に求められる技能も難易度の高いものとなっています.そのため,1人の建築士の役割は専門化かつ細分化されています.これを医療に例えるなら,医師免許というものがあり,その免許を受けても外科医,内科医など専門とする技能はそれぞれで,さらに,心臓外科,脳外科などに細分化されています.

 もし,あなたが医師に掛かるようなことがあれば,状況に応じて医師を選択するはずです.いま,あなたが家づくりを望むなら,最適な建築士に出会うことで,最善の道を歩むことができるでしょう.高層ビルの設計技能などは不要です.例えるなら,あなたの健康状態を正しく診断し,適切な初期治療が施せる町医者的な建築士に出会いたいものです.家づくりでは設計から現場監理,その後の維持管理まで相談できる建築士が1人いれば,心強いことでしょう.

 住宅は建築物の中では最も小規模な部類に入りますが,実に広範な知識や経験を必要とする難易度の高い分野です.建築士なら誰でも設計できるようですが,決して侮れません.建築物の規模による資格を有していても,それに必要とされる知識や経験がそれだけでは身に付かないからです.そのために,家づくりにおいて施主と建築士のトラブルは絶えません.これには,建築士の住宅に関する勉強不足が原因していると思いますが,施主の建築士に対する認識不足もあるかと思います.

 建築士を医師に例えてみましたが,両者は共通して人の命に関わることを生業としています.よく,建築士は建物の医者と例えられるようです.建物を人と見立ててのことですが,これでは人の存在が失われてしまいます.建築士はもっと人の命に直接的に関わる使命をもっており,私たちは常にこのことを意識しておかなければなりません.地震や火災などの非常時に人命を守り,採光や通風などに配慮して常日頃から人々の健康に貢献しなければなりません.

 この第一の使命は,ある意味当たり前すぎて形式化されている傾向があります.もし,あなたが家づくりにおいて設計された窓が希望より小さかったり大きかったりして,要望を問いただしたとします.「法律で決まっていますから.」とだけ建築士から返答されれば,その信頼関係にひびが入っていくことでしょう.本当は,あなたの健康や命を守るために理由があることを知っておいてください.そして,これこそが建築士の社会的役割なのです.
 しかしそこに,建築の法律や構造の無機的な知識のみに縛られて,人の有機的な営みが全く感じられないようであれば,あなたの家づくりのパートーナーにはふさわしくありません.わたしたち建築士は常にそこに人在りきで,建築を生業としています.それは,箱物としての住宅の設計士ではなく,住まい方の設計士であるのです.

 娘のかんなに出している『ガラスのなぞなぞ』についても話しておきましょう.「まず,ガラスのイメージを思い浮かべてください.できれば10以上紙にでも書いてください.書けましたか?おそらくその中に『割れる』『壊れる』など,ガラスの破損しやすいイメージに結びつく言葉が,いくつか含まれていると思います.ここで問題です.住宅の窓にはガラスを用いることが一般的ですね.しかしそれでは,物が飛んできたり,泥棒が侵入したりと,破損しやすいガラス窓では防ぎようがありません.住宅の外周部には,もっと丈夫な材料を選ぶべきだと簡単に想像できるはずです.にもかかわらず,ガラスを使っているのはなぜでしょう.不思議に思いませんか?」といった謎掛けをしておいたのです.これに対する何らかの答えを導き出せれば,家づくりにおける問題点の大半が解決されることでしょう.少なくとも,自分なりに納得できる解答を得ながら家づくりが進むはずです.

 いかがでしたでしょうか?

 『かんなの家づくりノート』もよろしくお願いします.http://homepage2.nifty.com/hiromeyacht/ie.htm

ポケモンバトル,赤緑時代を見直してみる.

 昨日はギャラドスについて,思ったことを書きましたが,それについて,思わぬことがわかりました.

 思った以上に,ネット上でのポケモンについてのHPやブログが多いようで,ギャラドス関連で,リンクを張られたりして,びっくりしています.

 そこでちょっと思ったのですが,赤緑時代…,正確には今のDSでも使用できるということは,レッドグリーンのポケモンと言うことになりましょうか,彼らをちょっと見直してみようかと思いました.

 ギャラドスは,昨日の通り,コイキングからの進化で,隠し要素的なポケモンでした.

 隠し要素と言えば,ゲンガー,フーディン,ゴローニャの通信進化ポケモン.

 ブーバー,エレブーも特徴あるポケモンでしたが,ちょっと能力的に低いこともあり,ブースターで更なる進化ができるようになりました.

 ゲンガーはもとより,素早さもありフーディンとならんで,一線級のポケモンだったような気もしますが,かげうちの登場で,出番が減ったような気もしますね.

 そういう意味で今なお現役なのは,ギャラドスだけなのでしょうか?

 わざの調整で,力が弱められたり,強められたりしていますね.

 プラチナでねっぷうを覚えられるポケモンが増えたのも,ドラゴンキラーのこおり系の力を弱めてバランスをとるためなのかなって,考えたりもしますが….

 ゲーム製作者側や古くからのファンの思いもあって,復古ポケモンがいるような気がしてなりません.一番影が薄いのは,金銀ポケモンかなぁ.

ポケモン,ギャラドス.

 今日は,Takaさんのコメントを受けまして.

 そうですよね.ポケモンバトルには,けっこうその人の趣向というか,意地のようなものもありますよね.その人の思い入れと言うか,このポケモンで勝ってやる!ってような意気込みのような….

 伝説系などのポケモンを使わないのも,意地の1つかもしれません.

 ギャラドスと言えば…,もう有名になってしまっているのでしょうが,コイキングから進化する,びっくりと言うか,赤緑の目玉ポケモンだったのではないかと思う.

 はねるしか使えないポケモンをギャラドスに進化しようと思った人は,あの当時,何人いただろうか?きっと,名前にキングと付ける事で,強いポケモンだよって,さりげなくヒントを与えていたのかもしれない.攻略本とか攻略サイトが当たり前になってしまったけど,自分で育てて,自分で発見した人は,どんなに喜んだことだろうか….

 きっと,ポケモンの楽しさの原点って,そのあたりにあったような気もする.

 そんなギャラドスは,攻撃力最強を誇っていたのですが,今や,その座も他のポケモンに奪われてしまった.ギャラドスより素早さの高いポケモンの電気技に撃墜されることもしばしばで,バトルから姿を消すかとも思えた…,ストーリー上,使用する人は少ないのではないでしょうか?

 それでも,Wi-Fiバトルでは,しばしばお目に掛かるギャラドス.彼らはまだまだ現役ですね.りゅうのまいで,攻撃力と素早さを上げてから,暴れたい….きっと,ギャラドスのポケモントレーナーは,ただ強いから使っているのではないと思う.

 きっと,赤緑から受け継がれたロマンを背負っているのでしょう….

 ちょっと,おおげさかな.

 ポケモン好きなら,ギャラドスで舞って破壊光線を打ってみたいと思うはず!…ギガインパクトじゃダメなんだよねー.

 DP世代の子供たちにはわからないだろうーなー.そう言えば,最近見なくなったけど,ポケモンのコマーシャルで,あきらかに大人を対象にしたものがありましたね.ギャラドスのほかにゲンガーなども登場していました.これを見て,新規にポケモンのソフトやハードを買った人っているのでしょうか?

自己啓発,CAD.

 このところポケモンの話が続きました.

 遊びが続きましたので…,ちょっとお勉強も始めようかと思いまして….

 CADを使いこなせるようになりたいなと考えています.

 なかなか,自己学習ってのは進まないものなので,ここで宣言を.

 今日はこれまで!

好きなポケモンは?それはバトル向き?

 あなたの好きなポケモンは何でしょうか?

 私がポケモンをプレイして思ったことは,進化前のポケモンはあんなにかわいらしいのに,進化してしまうと,悲しいかな…かわいくなくってしまう.

 そんな,ファンの気持ちを察してか,アニメのポケモンたちはほとんど進化しない.ピカチュウにいたっては,進化しなくてもライチュウを打ち破るエピソードすらあります.ピカチュウ人気の影響か,ゲームでは「でんきだま」なんてアイテムも登場しました.

 私もピカチュウは好きです.でんきだま持ちにボルテッカーで突っ込ますという,大技と言うか荒業のようなバトルが期待されるわけですが….

 何度やっても,ピカチュウより素早い相手に玉砕されてしまうのです….ぴっか~@.まあ,この組み合わせを知らない人がいれば,単なるピカチュウファンだろうと,後回しにしていたら,一度はびっくりしていただけたかも知れませんが….

 ゲームをする人は少ないのかもしれませんが,ポケモンファンの女の子は多いと思います.でもこれは,かわいらしいポケモンたちのルックスあってのこと.そう,ポケモンバトルでは,ルックスにこだわっていては勝てないと思うのですが,捨てきれないものがあるのです.

 Takaさんコメントありがとうございました.

 そうなんです.ドータクンは実に嫌な相手です.高耐久の癖に,弱点を補うとくせい持ち.ゲームバランス間違ってるんじゃないかと思うぐらいです.おまけにさいみんじゅつやら,トリックルームやら.打つ手がなくなったと思ったら,だいばくはつ!嫌ですよねー.

 って何が嫌って,あのルックスが一番嫌なんです.

 自パーティに入れれば,グッと戦略の幅も広がりそうなのですが,あのルックスが….

 今は,ルカリオが好きなのですが,以前はルックス的に好きでない点もありました.そう,あの頭のふさふさです.アレは何をイメージしているのでしょうか?でも,バトルで使用しているうちに好きになってしまったのですよ.

 はどうだんが!

 DSのゲームでは,たまごから孵した愛着もあって連れ歩きましたが,特に活躍もせずできず,シロナのガブリアスに一撃でやられる有様でしたが….

 PBRでは,はどうだんを打つあの勇姿,かっこい~.

 見た目のルックスより,バトルアクションがかっこいいポケモンがいるのです.

 Wi-Fi対戦はDSでもできるけど,ついついPBRでしてしまう理由は,やっぱりアクションですね.中にはどんな技も同じ動きで悲しい時もあるけれど….

 ルカリオのはどうだん.

 リザードンのねっぷう.

 カメックスのアクアジェット.

 ガブリアスのじしん.

 が私は好きです.

 バトルにも勝ちたいけれど….

ポケモン,エルレイド.

 エルレイドを育成しようか迷っている時に,Wi-Fi対戦で,エルレイドに出会った.

 攻撃力と素早さのバランスがいまいちで,使いにくいのではないかと思っているのですが,それを補う,かげうちには魅力があり,私としては迷っているのです.

 予想に反して,しぶとく,リーフブレードなど,意表をついた攻撃を仕掛けてきました.

 かげうちもこちらとしては,嫌な場面で使われましたが,予想していたほどの効果はなかったようでした.

 う~ん.

 あと,悩んでいるのが,メタグロスとドータクン.個人的にルカリオが好きなために,弱点が重なるのですが…,対戦相手になると,やはり手強い.

 皆さんのご意見は,どうでしょうか?

日曜日の行楽.

 買い物をして,喫茶店で昼食.道の駅で休憩して,温泉へ.そこで夕食もとり帰宅.と言う過ごし方でした.

 今まで,日祝日に仕事に行ってたので,日曜日の道の駅は初めて.

 なんか閑散としてただただ広いイメージがありましたが,今日は違いました.

 物産展などしていて,賑わっていました.地元で取れた金時芋を焼き芋にしていました.昼食時に機嫌の悪かった娘も,そのほくほくした焼き芋を食べてご機嫌の模様.併設していた公園でしばらく遊ぶことにしました.

 皆が休日の日は,込み合うのも困るけど,イベントなどしていて賑わっていると,こちらも楽しい気分になりました.

住宅かポケモンか….

 このところ,住まい・インテリアのカテゴリーから離れて,ゲーム(私の場合ポケモン)の話をしていておもしろいことに気付きました.

 住宅関係の話をしていると,いろいろと調べごと,つまりは新築計画などがある人が,キーワード検索して訪問してくることが多いです.私のブログで何かヒントを得たかどうかはわかりませんが,それなりに読んではいただいたよう.

 逆にポケモンに興味のある人は,なぜか,トラックバックだけをつけていく.ゲーム好きの人はHPもつくっているということでしょうか.

 どちらにせよ,何らかのコメントを残していただけると,嬉しいのですが….そこまでは,興味を持っていただけない内容ってことですかねぇ.

 まあ,私としては,楽しい対戦相手に巡り会えただけでも成果はあったのですが,もっと多くの人と,コミュニケーションをとって行きたいと言うのは欲張りでしょうか?(コメント&対戦相手引き続き募集します.)

ポケモンのたまご.

 今日もポケモンのたまごを孵しています.

 ポケモンのたまごを孵していて思うのですが,これって,ダビスタに似てるなーって.

 ダービースタリオンは,その血統とか配合とかが,ゲームの要なので,ポケモンのそれに比べるともっともっと複雑なのですが,優秀な親から優秀な子が生まれやすい点など似ている様子も多い.攻略本などで遺伝技はオープンになってしまったが,隠し要素と言うかお楽しみ要素もある.

 私はダビスタでは調教がよくわからなかった.その点,ポケモンでは調教に値する隠し要素もシンプルなものでした.

 結果.たまご孵しは不毛な要素も多いが,確実にその恩恵を受けれるような気がします.

 ゲーム性という面では,もっともっと改良し,隠し要素もあった方が良いような気もしますが,この点について,ほとんど変化がないのも長く遊べる理由かもしれません.

 ルビーサファイアで育てたポケモンをそのまま使えるんですから,何年楽しませてくれているのでしょう.…それゆえ,たまご孵しも楽しいのかもしれない.…ちょっと疲れる面もありますが.

ポケモンゲームとアニメの世界観.

 始めに,Takaさんコメントありがとうございます.今日はそれを受けまして….

 ポケモンのアニメは以前に見ていたのですが,近頃は見ていません.見ていたのは,放映開始から,リーグ戦ぐらいまでと,オレンジ諸島のあたり,DPになってからは,時々数話ぐらいですね.ですから,サトシとシンジのやり取りは,ヒコザルのエピソードをちょっと知っているぐらいです.

 アニメはゲームの世界観をうまく取り入れながら,さらに魅力ある世界観を生み出していると思います.

 もっとも優れた点は,ピカチュウを主ポケに抜擢したことではないでしょうか.

 ゲームでは,はっきり言ってザコキャラ扱い.ライチュウに進化しても他の電気系の方が魅力的です.まあ,ゲーム初期にゲットできるので,フシギダネの補強にはなるのでしょうが,こちらも始めの一匹には選択されにくい気がしますね.

 そんなピカチュウなのですが,アニメではとっても愛らしく,しかもボールに入らない無茶な設定のおかげで,存在感バッチリです.きっと,ゲームマニア以外にポケモンを知らしめた一番の功労者なのではないかと思います.

 そんなポケモンが,ゲームよりも子供たちとその親に受け入れられた理由は,「誰も死なない.」話だからではないかと思っています.日本のアニメは勧善懲悪ものが圧倒的に多く,主人公が敵を倒すと言った話ばかりです.まあ,敵が宇宙人だったり,異世界の住人だったり,皆,地球や人界の侵略者なのですが….そんなヒーローものが,セーラームーン以降,プリキュアへと引き継がれ,女の子のにも浸透しているところに,恐ろしささえ感じます.

 まあ,そんな批判はできないほど,結局,勝ち負けってのが楽しいのですが….

 ポケモンのゲームでは,“ひんし”になるところが,アニメでは“きぜつ”する設定に変わっています.ピカチュウも目を回すだけで,すぐにサトシの帽子に納まっていますね.より,バトルが競技というか,スポーツとして扱われています.この点は,ゲームの世界にも繁栄されて欲しい点かもしれません.なにせゲームでは,ポケモンなんて,まだまだ生温いほうですから.

 もう1つポケモンアニメの世界観が好きな点は,伝説系の扱われ方です.不可侵の存在と言うか,この世に一匹のポケモンは絶対にゲットできない存在です.この点ゲームではポケモン図鑑コンプリートに主眼が置かれていますから,必ずゲットしてしまうわけです.よって,バトルでは,同じ伝説系が顔合わせしてしまう….

 バトルと言えば,Takaさんのご指摘のあった通り,固体値の問題がありますよね.アニメのようにピカチュウが努力して,ライチュウを倒すなんて,感動話はゲームでは有り得ません.弱い固体でも育て方で強くなる!確かにゲームでも同じレベルのポケモンでも野生のポケモンより,育てたポケモンの方が強くなっている.より経験を積んだ=レベルの高いポケモンの方が強い.でも,これをゲームの対人戦に取り入れると,レベル上げ合戦になってしまう.難しい問題ですよね.

 ポケモンの対人戦のおもしろさは,レベル50で対戦することで発揮されている.そこそこ育成しやすくて,あーだこーだ悩む楽しさがありますからね.そのため,たまご孵化合戦になってしまうのですが….

 まあ,自然に帰してあげると言うのも良いのではないでしょうか.ポケモンたちにとって,その能力を見込まれたがためにバトルに利用されるよりは,野性ポケモンとして生きていく方が幸せなのだと….少なくともシンジにリリースされたポケモンはその方が幸せ….

 ゲーム上のポケモンであっても,「かわいそう」だと思えるお子様は良い育ち方をしたと思います.

 DSのゲームでは,野生に逃がす=データが抹消されることなのでしょうが,それはまだ教育上問題ないと思います.この点,カードゲームの方は,封を切ったとたん,不要なカードを捨てている子供を見かけますからね.経済的豊かさは,心の貧しさを生みますね.

 ちょっと最後は本題からずれてしまったかと思いますが,ポケモンゲームは今の飽きっぽい世の中にあって,長く遊べる点で偉大だと思います.ひょっとすると,もっとも安い遊びかもしれない.そういう意味では,たまごばかり孵すことに時間を割くのは,無駄な作業に見えますが,実にエコな遊びかもしれない.

 ポケモンは環境にもやさしいのです.

 ああ,我が娘よ.サンタさんにもらったどうぶつの森,遊んでいたのは一週間ぐらいだったぞよ.

あなたは,たまごをいくつ孵しますか?

 今日は久々にポケモンの話.

 先日,久々にポケモンバトルの申し出があり,再燃しています.対人戦は実におもしろい.特に,このように申し出があってのパーティには個性があります.

 私は,ポケモンバトルレボリューションでの対人戦が好きなのですが,伝説系がやたらと多いと興ざめしてしまいます.この間なんかは,ダークライが4匹も出てきて,どうしたものやら.まあ,人それぞれゲームの楽しみ方があって良いのですが….

 あなたは,たまごをいくつ孵しますか?

 これはもう,マニアックですね.ある意味,そこまでする必要があるのか?もともと強い伝説系を使えば良いじゃんと言う声もあろうかと思いますが….

 どうして,ポケモンの旧バージョンから育て屋さんがあるのか?どうしてたまごを貰えるのか?…ここに,ポケモンのおもしろさがあるのです.

 とは言え,1つ孵るたびに,もう終わりにしようと諦めかけたり,もう1つ孵してみようと思い直したり,一喜一憂があるのです.このところ,ラルトスのたまごばかり孵していたのですが,一度挫折していたのですが….

 久々のバトル申し入れから再燃して,孵化させたら,出ましたよ!待ってたラルトスが!これを育成して参戦させたら…,いやーいい働きしますねー.その内,弱点も出てくるんですけど.そう言えば,さっき,マニューラにやられちゃいました.

 プラチナになって,ジャッジマンがいるでしょう.彼のせいで,余計にたまごの数が増えたような気がする.…なんか,くやしいのよね.

ポケットモンスター プラチナ

 まだまだ,対戦相手募集中です.(ダブルバトル希望.)

コンクリート住宅の利点.

 昨日は,ちょっと話が脱線してしまいました.

 言いたかった要点をまとめますと,コンクリート住宅は耐火性において,木造,鉄骨造よりも優れている.他の特性は同等か,むしろ欠点の方が多い.しかし,建築物単体の不燃化よりも,街の不燃化を意図して計画的に建設されてきた背景がある.よって,戸建住宅としてのコンクリート住宅は極めて稀である.

 と言った感じでしょうか.このことは,コンクリートで戸建住宅を建てるメリットは少ないと言える.

 さて,ここでコンクリートのもう1つの特徴を考えてみましょう.熱容量の大きいということです.どういう事かというと,たくさんの熱を溜め込むことができると言うことです.

 このことを実生活に置き換えますと,例えば冬場,日中太陽に照らされたコンクリートの住宅はどんどん温まって行きます.そして,夜になって冷え込むと熱を放出し,夜でも暖かく感じると言う利点があります.これは,コンクリート住宅の大きな長所です.

 しかし,夏場の夜はいつまで経っても冷めることがなく,家の中は暑くなってしまいます.また,冬場の朝に暖房をしても冷え切ったコンクリートを暖めるのに時間が掛かると言う,短所を併せ持っています.

 つまり,コンクリートの熱容量と言う特性を活かすには,適切な断熱と日射調整という極めて難しい計画を必要とします.なぜ,難しいのか?それは,長所と短所を併せ持つために,短所を解決しようと思えば,長所も失われやすいからです.

 このことは,コンクリートの強度の問題にも言えます.木造や鉄骨造に比べて柱や梁が太いのはそのせいです.内部空間や開口部が狭くなりやすいのです.

 残念ながら,コンクリートの特性を活かすには住宅は小規模だと言えそうですね.

 大は小を兼ねるという言葉がありますが,優れた大規模な構造体を造れるコンクリートですから,小規模なものを造っても良いのではないかといった発想かも知れません.

 とは言え,WPC住宅など,コンクリートの可能性を引き出そうと言う動きはあります.最悪の材料ゆえの改良がそこには見られます.

コンクリートジャングル.戦後の呪縛.

 かつて,日本は緑豊かな国だった.現状を非難してか,コンクリートジャングルなんて言葉がありますね.

 さて,木造住宅の不燃化の話を覚えていますでしょうか?それと並行して,公共建物のコンクリート化が行われました.

 最悪の材料とされたコンクリートですが,耐火性において,木造よりも鉄骨造よりも優れていることは間違いありません.燃えない,溶けない,コンクリートは,鉄筋の膨張という弱点を解決すれば,より効果的に不燃化ができる材料です.

 戦後,このコンクリートの建築物を適切に配置する政策が行われました.戸建住宅をコンクリートで建てさせることは現状不可能でしたので,木造の不燃化を進めると共に,小学校などをコンクリートで建てることを奨励しました.

 こうすることで,どんな街になるのか?

 小規模の火災は住宅の不燃化でもって隣焼を防ぎます.大規模な火災に対しては,いくら不燃化したとしても木造住宅では無力です.そこで,コンクリート製の大型の建物でもって,地区単位で隣焼を防ぎます.生き残った建物はその後の避難所にもなります.木造の住宅が密集している地域には,コンクリート製の防火壁を建てる施策も行われました.

 最近になって,木造の三階建てが解禁になったり,公共の建物も木造で建てられるケースが見られるようになりました.

 一般的に,木造は弱いから小さな住宅しか建てられない.コンクリート造は強いから大きな建物も建てられる.と言った認識があるようですね.木造擁護派は東大寺の大仏殿などを引き合いに出して,木造の大規模構造物の可能性を固持しています.

 材料特性から考えれば,単位重量の重いコンクリートよりも,軽い木造の方が大規模構造物に向いているのです.しかし,実体は大仏殿が戦火で消失した事からも伺えます.

 問題は火災,しかも戦時のような大規模火災にあるのです.木造の技術が発達したから,大規模構造物が建ち始めたのではなく,21世紀の今日になって,ようやく,第二次大戦の呪縛から解き放たれようとしているのです.

 家づくりを考えるとき,ついつい戸の建物のみについて考えがちです.しかし,実際は都市計画などのもっと大きな中に戸は存在するのです.この都市計画といった法律が,一軒の住宅にも適用されることはご存知かもしれません.しかし,知らず知らずのうちに,家一軒の概念自体が,もっと広範な周囲の要素に影響されているのです.

 今,家づくりを考えるとき,私たちが常識として認識している概念は,まったく違う要素からつくられた概念であることが多いと思っていただきたい.ようやく,そういった呪縛から開放され,自由に家づくりが行われようとしています.過去の概念に囚われるずに,あらためて自分にあった家づくりをすすめられる環境が整いつつあります.

コンクリート=最悪の材料

 このところ,ブログの最後が唐突に終わる感じで申し訳ございません.子供が泣き出すなど,いろいろ理由もあるのですが… きちんとした文章にならなくても,散漫な感じで,読み進めて行くうちに内容が見えてくるのもブログの良さかな?と勝手に解釈しています.

 さて,コンクリートが最悪の材料であるとすると,なぜ?そのような材料を私たちは使い続けているのでしょうか?しかも大量に….

 その答えは,穴を掘れば出てくるから.…でした.

 資源の少ない日本にとっては,好材料なのです.建築物にせよ土木工事にせよ大量に使う材料を輸入に頼ることは考えられません.このことは,住宅材料の基本として話しましたが,身近に豊富に手に入る材料を使うことは必定と言えます.それが,最悪の材料だとわかっていてもです.

 つまり,教授が言いたかった真意はこうでした.

 最悪の材料だからこそ,それを最高の材料にするため,研究しなければならない.

 だから,学生である君たちは,コンクリートについて,よく学ばなければならない.

 海砂の問題とか,アルカリ骨材反応の問題とか,社会問題化した事例もありました.

 その反面,瀬戸大橋や明石大橋など,海中で固まるコンクリートの開発など,コンクリートの改良,発達にも目を見張るものがありました.

 そんなコンクリートは,けっして最悪の材料とは言えないはずです.木や鉄に並んで,建築に適した材料と言えるでしょう.木造であれ鉄骨造であれ,その基礎部分はコンクリートに頼らずを得ないのが現状です.

 ただし,一歩使い方を間違えれば,最悪の材料としての性質が露見することを知っておかなければならないと言うことでしょう.

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ