最近のトラックバック

« 失敗した~.ちょっと記憶力に自信のなくなる今日この頃. | トップページ | ポケモンバトル,パーティー編成ストーリー.その2 »

ポケモンバトル,パーティー編成ストーリー.その1

 記事『好きなポケモンは?それはバトル向き?』のTakaさんのコメントを受けまして,ポケモンバトル用のパーティーについて話させていただきます.

 さて,私はポケモンバトルしかもダブルバトルが好きです.まだまだシングルが主流のような気もしますが,公式大会にはダブルが採用されるなど,ダブルのおもしろさはシングル以上の戦略性の高さにあると思います.

 例えば,てだすけ,このゆびとまれなど,シングルには不要のわざが,ダブルではパーティーのコンセプトによって,おそろしいぐらい効果を発揮します.現在おそらく主流だろうトリックルームパーティーもシングルよりダブルでの効果は絶大と言えます.

 まあ,ダブル贔屓の話は今日はこれぐらいにして,私のパーティーの変遷について話を戻しましょう.

 まず,私がダブルバトル用のパーティーの機軸に選んだのはガブリアスでした.スピードと攻撃力を備えた名アタッカーです.そのころは,ボーマンダ派かガブリアス派かと言えるほど,どちらかが必ずと言ってよいほどパーティーに入っていたものですが…,

 私が惚れ込んだのは,じしんとのタイプ一致です.

 身方を巻き込むものの,相手両方にヒットするわざはダブルバトルの魅力です.このゆびとまれを無意味なものにしますし,まもるで本命に攻撃が加えられなくても,一方を攻撃できるため全くの空振りにはなりません.

 このガブリアスのじしんの相方には,リザードンのねっぷうかロトムのほうでんが相性抜群でした.

 ガブリアスの天敵と言えば,マニューラですが,耐久力に欠けるために,ほとんどの場合たすき持ちでした.同様に,素早いが耐久に劣るものはたすき持ちがほとんどのバトルにおいて,じしんで葬れなくとも,2派目のねっぷう,あるいは,ほうでんで仕留めることができました.ひこう,ふゆう系に対しては,いわなだれで対処することもできました.

 実にスピーディーに敵を一掃できて,小気味良いバトルができたものでした.

 ポケモンバトルレボリューションの本編はサクサククリアできたもので,Wi-Fi対人戦においても力押しで勝率も良かったです.

 …ただし,発売後だんだんとダブルバトル専用のパーティーが増える頃までは…

« 失敗した~.ちょっと記憶力に自信のなくなる今日この頃. | トップページ | ポケモンバトル,パーティー編成ストーリー.その2 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128508/28656971

この記事へのトラックバック一覧です: ポケモンバトル,パーティー編成ストーリー.その1:

« 失敗した~.ちょっと記憶力に自信のなくなる今日この頃. | トップページ | ポケモンバトル,パーティー編成ストーリー.その2 »


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ