最近のトラックバック

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

今日の占い….

 突然ですが,みなさんは,占いを信じますか?信じると言うよりは,もう少し柔らかく…,そう,気にする方ですか?

 私は,冷静に考えて,根拠の無いものと考えていますが…,朝のTV番組でやっている星座別の占いを娘は楽しみにしています.

 まあ,信じていなくても,何か良いことが起こりそうな内容だと嬉しいものですね.

 今日の私は,何か始めるのに良い日だそうで….

 って,何を始めれば良いのやら.

 ところで,就活の結果ですが,結局のところ不採用でした.まあ,雇う側にもいろいろと考えもあるのでしょうが,思わせぶりな面接を2度もして欲しくなかった….

 この間ですが,CADの1級試験も受けてきました.

 筆記試験は,建築をしている私にとっては常識レベルの問題なので,テキストを荒読みしただけで十分正答が導き出せる内容でしたが,実技は…,

 時間が足りない….

 これって,建築の図面を書くというよりは,トレースの技術測定みたいなものかしら?

 まあ,この数週間で一気に片付いた感があって,しばらく,ぼーっとしていたけど,そろそろ切り替えていかなくてはなぁ.…何か始めると言うよりは,始めなくては先に進めないってことですかね.

家庭とゲーム事情.

 昨日,Takaさんからコメントをいただきました.

 最近はろくに更新もせず,内容的にも,おもしろくないだろーなー的なものなのに,飽きもせずに付き合ってくださる人がいると言うことは,とても嬉しいことです.Takaさんありがとうございます.

 就職の方は…私の予期しなかった展開になり,再面接を受けることになりました.今度は本店の店長だそうで….支店合わせて3店舗で展開しているリフォーム店なので,そのトップたる社長との面接一発勝負だと思っていました.

 店長と言うことで,実務面の審議かな?

 まあ,忘れ去られたというわけではなかったようです.

 これもまた,数日後の話なので,悶々とゲームに浸りそうなのですが….

 Takaさんのご指摘のように,オブリビオンは決して家族で楽しめるゲームとは言えない.ちょー一人称のゲームなので,傍から見ていて面白いとはいえません.話の展開自体は,小説に書けるぐらいのボリュームは有ると思うのですが,やっている本人しか楽しめる要素がありませんね.

 なんにしろ,家族共有のTVを独占するゲームは不評を買いますね.でも,久々に携帯ゲームから脱皮すると,やはり迫力が違う!

 ますます,大きなTVが欲しくなりそうです.

 

待ちかねて…,

 みなさん,お久しぶりでございます.

 オブリビオン漬けで,ブログを書くことすら,億劫になっていたと言うのが正直な所かも知れませんが…,もう1つ,気掛かりなことがあるのです.

 と言いますのも,就職したいと思いまして,さるところで面接を受けたあと結果待ちの状態です.

 私的には,今まで積み重ねたことが発揮できそうなところだったので,希望が叶うと良いなと待ち侘びている所です.…それで,次ブログには,採用決定のお知らせと共に,脱サラならぬ脱主婦宣言をと,勝手に次なるヴィジョンを描いていたわけですが….

 それで,何となくと言うか,ズルズルと,何をするにも気乗りのしない日々を送っていたのです.

 結果,だらーっと,オブリビオンをしているという毎日….

 クエストを解く気力も無く,なんとなく,新キャラでスタート地点周辺のダンジョンを潰してみようかと思いました.

 そこに新たな発見が!

 オブリビオンは基本,何やっても自由という,おそろしく不親切なRPGです.そこが,おもしろくて,遣り込んでいるわけですが….この,ストーリー性の無さが,映画チックRPGに慣らされた人には非常におもしろみのないゲームなのだそうで.

 つまり,ゲームって作りこめば作りこむほど,三人称視点が多くなり,一人称視点の仮想空間的なおもしろさがなくなってしまう.…それなら,映画を見ている方がおもしろいと思う私ですが…,

 このオブリビオン,そんな私が嵌る,超一人称ゲームなのです.

 そんな不親切ゲームと思われたオブリビオンですが,へー親切にできてるじゃん!と思えるようになったのです.

 と言いますのが,先ほど話した,スタート地点,周辺のダンジョンです.

 これらのダンジョンは,他のものと違い,他者によって探索された形跡が残されていたり,生活の場として利用されていたりと,オブリビオンの世界観がグッと感じられる演出がなされています.

 それにより,他のダンジョンにも踏み込んでみたいという気持ちが湧いてくるのです.ここに,悪者退治の勇者プレイと言うよりは,冒険者としてのワクワクプレイが芽生えるのです.

 親切なことに,手短ダンジョンは,他に比べてアイテムが手に入り安かったり,寝床に困らないなどの利点もあります.RPG慣れしていると,ついつい宿屋を探したくなるのですが,野宿やダンジョン内に寝泊り(もちろんタダ!)できるのです.これにより,序盤の金欠もなく,純粋に冒険心が加速します.

 実際のところ,冒険者と言うよりは,略奪者であったり,侵略者であったりするわけですが…,欲しければ奪え!的なたくましい生き様というか,ゲームでしか味わえない楽しさがここにあるのです.

 現実ならば,犯罪者?…あっオブリビオンでも遣り過ぎると犯罪者にもなれますので,そこがまた自由RPG.

 って,結局オブリビオンの話?就職は?

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ