最近のトラックバック

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

来ました!(ゲームプログラミングの参考書!)

 う~ざ,ざむい.出かけようにも,車のフロントガラスが凍て付いている!洗濯物を干すのが辛い.幼稚園バスへの送迎すら辛い.買い物に付いてきたがっていた子供が寝てしまった.…今日は,買い物に行かずに何とかしよう….

 などと,だらだら過ごしているうちに,待っていた本が届きましたよ.

 ネットで検索して興味があった本を,本屋で立ち読みして検討しようと思っていたら,近所では二軒とも置いてなかった….かなり,無謀だろうなと思いつつ,ネットで注文してしまった私.

 届いた本をパラパラと…やっちゃったかな.

 今,Takaさんのコメントを思い起こしています.シナリオだけ書いて,作成は人にしてもらう….

 「猫でもわかるって,どんなタイトルじゃー.」

 まあ,これらの本が届くまでの間に書いていたドット絵ですら,私の創作意欲を満足させてくれましたから,もう少し続けていこうと思います.

 

ダンジョンゲームプログラミング ダンジョンゲームプログラミング

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

猫でもわかるゲームプログラミング第2版

 因みに,勢い余って,購入してしまった2冊はこれです.

 この2冊の謎解きを支援してくれるような,さらに初心者向け(猫以下)の本があれば,教えてください.

自主制作ゲームなるか?

 ファイナルファンタジーⅩⅢが発売されましたねぇ.初期出荷の180万本が完売する勢いだとか….

 まあ,私のFF歴はファミコンからプレステに移行された時点で止まっていますけど….まあ,当時の私には2つのハードを所持できないと言う事情がありましたが,三国無双したさにPS2を買ったり,WiiとPS3を両方所持できるような身分になりましても,FFは,いいかなって気分です.

 これだけの人気タイトルですから,かなり魅力一杯なんでしょうし,私が批判するのもおかしいのですが…,まあ,一個人の意見として,

 なんで,バイクに乗ってんの!

 この時点で,終わりです.

 私には,ファンタジー…,スペースファンタジーという言葉がありますが,いまいち,機械物がでてくることに拒絶反応が出てしまう.

 必ずしも,「ファンタジー=剣と魔法」である必要はないのですが,初期のFFは,私のイメージしていた剣と魔法,4元素に基づいた世界観で,ウハウハ言って,楽しんだものでした.

 ドラクエの時は,この手のRPG自体が新鮮で,楽しめました.世界観に違和感がありながらも,他に選択肢が無いのですから,素直に夢中になるしかなく….その後に発売された,FFは,そんな私を待ってました!と言う気持ちにさせましたね.

 …飛行艇が出てきた時点で,ちょっとテンションが下がりましたが,まだ,ファンタジー要素として,有かなと思える範囲でした.…ガンが出てきたら,終わりでしたね.

 どう,理由を捏ねても,銃器系と魔法が両立しない.いや,その前に剣は絶対役にたたないだろう…と冷めてしまう.まあ,信長の野望も前半は勇猛な騎馬武者が突っ込んだりと楽しいが,種子島伝来以降は,鉄砲隊の力押しになってしまって,面白くなくなるから….

 頼むから,ドラゴンを銃殺しないで!

 ってな,機械アレルギーがあるのです.ロボットもNGです.せめて,カラクリ,できればゴーレムでお願いします.

 やはり,私のRPGの出自がD&Dにあるからでしょうね.その前は,サイコロとペン片手にページを行ったり来たりする…なんだったけ?アドベンチャーブックだったかな?…ソーサリーシリーズに衝撃を受けたものです.

 ドラクエ以降が,RPGの世代にはない悩みでしょうねぇ.きっと,FFⅩⅢがすっごく,楽しい作品なんでしょう.

 …そんな思いを抱えつつ,文句ばっかり言ってないで,自分で作ってみたらいいじゃないかってな思いがふつふつと芽生えたのですが,

 どうも,無謀のような感じとも思えます.

 ゲーム製作の初心者向けの解説らしいHPを見つけても,

 「まず,○○ができるようなるため,××が必要です.」

 …,その○○や××がわからん.

 「初心者」「基本」などと入力すると,同じようにゲームを作ってみたいが,何から始めて良いのかわからない人のQ&Aが….

 おー同じような悩んでいる人がいるじゃないですか!

 って,そのアンサーに書かれている意味がわからない.私は初心者以下なんだろう.まあ,中には,ゲームを作ってみたいと思う発想自体が甘い!なんてお叱りのアンサーもありましたが,

 …途中で挫折するかなぁ.と思いつつも,子供を寝かしつつ,ベッドの中で,作りたいゲームのイメージを考えているだけで楽しいから良いかなって思えたりもしています.

オリジナル?

 今日は昨日の続き….

 Takaさんのコメントを受けまして,

 まあ,三大小説に分類してしまうことは,かなり無茶な話だとは思いますが,人がおもしろいと感じるものの傾向を大別しているのかなと思っています.

 それに,完全たるオリジナルが仮に存在したとしても,これはかなりわかりにくいと言うか,尋常じゃない気もします.

 私は,和歌も好きで,その手法に本歌取りといものがあります.

 31文字での表現をさらに広げるための方法ですが,これには,歌を詠んだ人が,古典の知識に精通していることはもとより,聞き手側も同様の知識が要求されるものです.

 貴族の高度(暇)な遊びと言えばそれまでですが….

 現在のマンガや映画,それにゲームも含めて,やはり,知識の積み重ねがあって楽しめるものだと思います.

 ただ結果として,世に送り出されたものが,コピーものとして悪評を買うか,絶賛されるか,微妙なところかなーと思います.

 日本中のテーマパークが赤字,廃止,或いは存続が危ぶまれる中で,ディズニーランドだけが1人がちだそうで….

 ミッキーマウスは良しとして,私の娘も好きな,シンデレラや人魚姫…プーさんなどなど,ディズニーものって,ほとんどが,出典は別のところでしょう.でも,子供達(大人達もかな)はそんなことは知らずに,大好きですよね.

 ライオンキングが発表された時に,手塚治虫のジャングル大帝を真似たとかどうかで,ちょっと批判されていたような記憶が有りますが,それ以前にディズニーはコピー王でしょうという気がします.

 でも,堂々と世界に発信して地位を得てしまえば,一部の批判なんて意味の無いこと…,と言うか,できたものが面白ければそれで良いような気がしてしまいます.

 私には,スピルバーグの映画が,藤子不二雄のマンガのような気がしてならなかった….宇宙人とか,ロボットとか,怪物とかが,主人公の少年と織り成す心温まるストーリー…,全世界が感動しますわ.

 まあ,スピルバーグが藤子不二雄のマンガを読んだかどうか別にして,人が感動する1つの型なんでしょうね.

 これ,無理やり三大小説に当てはめちゃうと「西遊記」になります.

 主人公は非力な男の子(三蔵法師)で,宇宙人やロボット(孫悟空)が,超人的な能力でもって助けてくれて偉業を成し遂げるストーリーです.

 歴史上の三蔵法師は単独で天竺往復の旅を成し遂げるほどの屈強な男だったそうですが,それではお話としては受けないそうですね.現実の自分と照らし合わせて,そう屈強な人間に成れる訳が無い…,むしろ,ヒーローが突然現れて救ってくれる方が,まだ希望が持てるそうで….

 どちらにせよ,有り得ない話なのですが,他力本願の方が人は受け入れちゃうんでしょうね.シンデラも妖精に魔法をかけて助けてもらいます.

 ここは,ディズニーが万人向けにアレンジしたところ.

 原作に近い話では,自らドレスを縫って出掛けます.描写は無いですが,おそらく徒歩で….なんか,肉食系女子って感じですね.舞踏会でも王子様をその腕力で持ってゲットしたことでしょう.(その辺の詳しい描写はありません.)

 まあ,男の子も女の子も現実の自分の処遇には不満なようで…,何か超人的なものに助けてもらいたいようですね.

 その点,人魚姫も自力で偉いよねー.結果がアウトですが….ヨーロッパではこの方が受けたのかな?ディズニーでは,泡になることは回避しましたが.(こう言う所がディズニーの上手いところかな.)

 そういえば,「崖の上のポニョ」って人魚姫の話のコピーですよね.5歳の少年少女に姿を変えていますが,宮崎駿さん…,この段階でこんな映画つくちゃって良いのですかね.

 まあ,今回の話は,オリジナルが良いとかコピーが悪いとかそういう主張じゃなくて…,本歌取りと考えれば,それはもう高度な文芸的手法…,つ,つらい.

 下手に記憶力の良い私には,純粋に作品を楽しむことができないでいる今日この頃です.

 そう言えば,映画「アバター」ってかなり前評判高そうですが,「アラビアのロレンス」ですよね.(と,私の悪い癖.)

RPGツクール?

 Takaさん,コメントありがとうございます.

 RPGツクールが,私にとっても適当な素材だろうとチェックしていますが,わからない要素もあり,悩んでいました.コメントもいただき,もう少し踏み込んでみようと,体験版をインストールしてみましたが,自分の作成したいイメージとは少し違うような….

 まあ,イメージ通りのものを作成していく技量もないのだから,この辺りから始めるべきなんでしょうが….

 おそらく,ゲームとして完成させるよりは,システムを考えたり,キャラを書,自体が楽しいので,その辺り一つ一つステップを踏めることに対して,手助けしてくれるような,解説本か支援ソフトでもあればなぁと思っています.

 小説の方ですが….

 以前読んでいた歴史雑誌のコラムだったと思いますが,

 文学というか,小説として世に出た最古の起源は中国にあるようで,今も人気のある,『三国誌』『西遊記』『水滸伝』が三大小説として…といった内容でして.

 現在書かれている,おもしろい話も結局これらのどれかのパターンにあてはまると言うものでした.

 私は,この内容に衝撃を受けました.もともと,小説などを書くことが好きなのですが,やはり,オリジナルに拘ります.しかし,結局,自分の体験などから想像して書いていくので,実はどこかで聞いたような話になってしまいます.

 読み手が新しいと感じるかどうかは,その人が知っているか知らないかの差に過ぎない….むしろ,褒め言葉としては,「○○さんのようで,おもしろい.」など.○○さんは,私など遠く及ばない,有名な作家さんなのですから,ちょー褒め言葉なのですが,オリジナルに拘る若い頃の私にとっては,少々深いな褒め言葉でした.

 それが,あきらめの境地と言うか,納得せざるえない事実として受け止めたのが,先の「三大小説分類論」です.(勝手に私が銘々.)

 さて,どうして,納得したか.

 近頃,再ブームしているドラゴンボールなどは,あきらかな「西遊記」ベースの話として始まりましたが,読み手にとって,これほど分かりやすい構成は他に考えられないのかも知れません.

 今流行のワンピースもこの型です.

 型と言うのは,「旅行記型」とでも言いましょうか,ある程度のショートストーリーが旅先での,1つの訪問先単位で展開していきます.

 それぞれの訪問先に特色があり,ショートストーリーの連続なので,読み手にわかりやすく,かつ飽きさせない効果があります.連載物に最適化と….

 西遊記ではこの訪問先が国単位で行われていますが,ワンピースでは島単位ですね.そう言えば,銀河鉄道999では星単位です.

 今もなお,放映され続けている国民的時代劇と言って良いでしょう,「水戸黄門」はあきらかにこの型です.

 「南総里見八犬伝」「忠臣蔵」は「水滸伝」の構成に酷似している.

 「三国志」はわかりにくいですが,主人公が劉備でありながら,その周囲の人物にも細かく視点を向け,読み手それぞれにファンを作ってしまう要素が人気の秘密かと思います.悪者役の曹操にも魅力的要素がありますよね.

 構成としては「戦記物」なのでしょうが,主人公側だけに焦点を当てずに展開しているところが,読むよりも,読んでみて,その後の読書同士の会話に花が咲きそうです.

 この構成で成功した代表格が,「機動戦士ガンダム」ですかねぇ.それまでは,悪者=宇宙人とかの侵略者ですから,主人公視点一点のみと言った感じだったと思います.

 スポーツ物でライバル側の視点も色濃く表現しているものほど,人気があるのもこの型ではないでしょうか.

 ちなみに,ワンピースの作者さんが意識しているかどうかは知りませんが,先ほど「西遊記」ベースの代表にあげました.この人気の秘密,他の型も混合しているところに有ると思います.

 海賊と言う反政府側を主人公にしながら,立場的には,政府よりもむしろ庶民の味方であること.徐々に力をつけながら,仲間を増やして,反政府軍としての力を付けて行く様は,「水滸伝」そのものです.

 かつ,主人公のライバルも多数魅力的に描き,時には,そこに焦点を当てる話の展開は,「三国志」ですね.

 …これで,おもしろくないはずがない.

 まあ,話が長くなりましたが,私が書こうと思っている小説は,どうどうと古典をぱくろうと,…そういう話です.

始めたいこと….

 昨夜から娘が熱を出して,今,傍らで寝ています.

 このところ,やり掛けていた事を再開しようかと思いつつ,ずるずると日々を過ごしています.

 さて,そのこととは,

 ひとつは,小説を書きたい.気持ちとしては,小説よりは,マンガにしたいのだけれども,挿絵程度は絵を描けるが,マンガとなるとちょっと自信が無い.誰かマンガにしてくれるような人いないかなぁ.それとも,自分で絵本っぽく仕上げるか….

 ひとつは,ゲームを作ってみたい.気持ちとしては自由度の高いRPG.まあ,これはかなり無理っぽいです.学生の頃,ベーシックでちょこっととしたゲームを自作したことはあるが….順序だてて説明してくれるような,学べる方法はご存じないですかね.ネットで検索してみたけど,これを理解するにはかなり厳しい内容.

 ひとつは,HPを作り直したい.作りかけていたが,方向性が変わってしまったので….これと並行して,住宅のプラン図をたくさん書いていこうと思うのですが….どなたか,戸建住宅のプランをつくってもらいたいなぁと,ぼんやり考えている人いませんか?実際の計画と言うよりは,将来的な目標みたいな感じで.

 あとは,家族の絵を描きたいかな.これは,やり掛けていることではないですが.まずは,撮り溜めしている写真の整理をしなくちゃいけないかな.

PSP.goってどうなの?

 最近気になっているもの,PSP.go.

 以前,携帯音楽プレーヤーを購入して,その上位機種を買おうかどうか悩んでいました.価格の割りに出番が少なそうで,なんとなくそのままになっていましたが,もう少し足すと,PSP.goに手が届くので,候補に挙がっています.

 クリスマス時期だしね.まあ,私にはサンタさんは来てくれないけど,何か新しいものが欲しくなってくる時期….

 店頭で,実機を見てみると,なかなか好感が持てるデザインに大きさでした.

 大きさと言えば,DSiが大きくなりましたね.老眼鏡世代を取り込もうと…,携帯機のコンセプトを逆行く大きさ….まあ,孫とコミュニケーション取れるのなら,お金は持っていますよね.この世代は.

 机において使う…と,開き直ってますよ.携帯機では,ないのかな?

 PSPを始めて手にした時は,「デカ!」って思いましたね.いろいろ機能を持たせたくて,この大きさになったのかな~って感じました.そんなことしてまで,がんばらなくてもSONYさん….

 やっと携帯ゲーム機らしい大きさになったと思ったら,任天堂は大きくなった!この戦略,どちらに軍配が上がるのか気になるとところですが…,どちらも,中途半端な気がします.

 私的には,PSP.goが気になるわけですが,その機能は別として,ゲームタイトルに魅力を感じません.UMD版ですら,魅力を感じるソフトが少ないですものね.携帯性に特化したなら,ナビソフトとか出して欲しいものです.

 少なくとも…UMDからダウンロードできる機能は欲しい.

 PS3との連動性も強化して欲しいところですね.

 皆さんはどう感じていますか?

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ