最近のトラックバック

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

阪神大震災と経験に対する覚書き.その4.

 続き….

 さて,その被害状況だが,ここでは控えさせていただこうと思う.全てを伝えようと思っても,興味のない方にはとても退屈な話が延々続くことになるだろうし,すでに,多々報道されているからです.

 ただ,いわゆる地震の破壊力に関する報道はよくされていますが,それイコール被害状況ではないことをここで触れておきます.

 少し遡って,私が大学時代に地震についての講義の話になりますが….

 その時,地震の報道や過去の資料を読む時,代表的な写真が一枚あるいは数枚しかない場合,その地震に関しては,ほぼ被害が無かったと見なして良いというものでした.

 つまり,一件の特異な被害は,それになんらかの原因があるための被害で,地震の被害としては無かったと考えられるというものです.(わかり難いですね.詳しい話は後日と言うことで….)

 何故こういった話を挟んだかと言うと,阪神大震災の場合,報道する材料には事欠かなかったわけです.そのため,派手にぶっ壊れた映像ばかりが追い求められ,全体の被害状況は伝わりにくいものとなっていた.

 震災時,私の家は残り,ありがたいことに,その後も住み続けることができました.しかし,水道で一ヶ月,ガスで二ヶ月ほど復旧しないままでした.3日目に来た給水車.それでも渡された水は一家族で一リットルでした.

 その後,余震で水道管が破損し,道路のひび割れから噴出した水を,コップなどで必死に掻き集めていた人だかり….私は構造物の破壊よりも,この光景の方が忘れられません….

 しかし,地震の被害はじわじわと襲ってきました.

 私の勤めていた会社も多額の負債を抱え,倒産こそしなかったものの,急激な方針転換,早期退職,処遇の悪化など….

 見た目は復興したように見える街の,生気のないところ….

 よく,住宅業界は地震に強い家をアピールします.もちろん震災で倒壊せず,「命を守る」ことを強調します.

 しかし,私は思うのです.

 こういった,震災で家を失わないことは,物理的被害をさけることではないのだと.

 地震の被害は,あらゆる方面から襲ってきます.その時,家が残っていることは,家族の,心の拠り所になります.

阪神大震災と経験に対する覚書き.その3.

 続き….

 暗闇の中,じっと耐えて….考えていたことは,頭を守ることだけ….そんな中で,「地震だろうか?」という疑問をぼんやりと思っていた….

 地震としか考えられないのだが,今まで体験したことのない強い揺れと長さ….何か重機で家を直接,揺らされているかのようで,地震とは思えなかった.しかし,一方で,地震でしかありえないとも思える.

 揺れが治まってから,目覚まし用に使っていたラジオを探してみる.ニュースで地震速報が流れる…奈良,京都….

「西宮でこの揺れ方だったとしたら,奈良や京都では,どれほどの被害か?」とぼんやり考えながら,暗闇で慣れた目で部屋の様子を確認してみた.

 後でわかったことなのだが,震源地に近い神戸周辺では情報も入らずに,本当の地震の内容は報道されることが無かったようだ.

 部屋の中は,見事に散在され,家具は倒れ,よく自分の上に倒れなかったことかと思った.床に散らばった物のせいで,ドアが開かない.無論,停電していて電気もつかない.

 声と手探りで,家族と無事を確認しながら,状況を把握することにした.

 やがて,夜が明けて,想像以上の光景を目にすることになる.

阪神大震災と経験に対する覚書き.その2.

 さて,昨日からの続きですが…,被災した方々,本当に申し訳ないのですが,あの震災は,「幸運な震災」であったと思うのです.何が幸運だ!と思われる方々も多数おられると思いますが,あえて,このように表現させて頂きました.ぜひ,先をお読みください.

 まず,地震発生の時間帯が幸運でした.

 早朝に起こった地震でした.そのため未だ寝ていた人も多く,倒壊した家屋に押し潰されるという惨事が起きました.…確かに,この現実を考えると幸福などと表現してはいけませんね.

 しかし,この時間がもう少しづれて,朝食時であったとしたらしたらどうでしょうか?調理のために火を使います.火災の発生数がかなり増えていたことでしょう.また,一般的な2階建て木造家屋では,1階部が押し潰される被害が多くありました.起きているからと言って,逃げ出せるような揺れではありませんでした.当時(今も),1階に台所があり,2階に寝室を設けるプランが多く見られますから,更に被害は増えていたかと思います.

 例え,建物の倒壊からうまく生き延びたとしても,その後の火災に巻き込まれることが予想され…考えたくない状況です.

 さらに,時間がづれて,通勤時であったらどうでしょうか?阪神間では,数分おきに8から12両編成の通勤列車が行きかいます.しかもすし詰め状態で.地震の揺れにより列車が脱線したことは,まず,間違いないでしょう.それ以上に,線路を支えていた土手や橋脚が崩壊しましたから,列車が空中へ投げ出されたことも考えられます.

 阪神高速も渋滞かもしくはそれに近い状態だと考えられます.そのまま横倒しになった高速道路.その真下の国道も同様の車の数….乗車していた人が助かることは考えられません.それ以上にそれだけの数のガソリン車が無事でいるわけがありません.

 あの震災では,木造家屋の被害よりも,地震に強いとされていたコンクリート構造物の被害が顕著になりました.避難場所に指定されていた,小中学校が避難場所に使えないという皮肉な結果にもなりました.しかし,これは事後の問題点.もし,日中,生徒達で満室の小中学校に地震が起きていれば….病院やスーパー,百貨店など,同様に多数の人数を収容できる建物も同様の被害が考えられます.

 あの早朝に起こった地震.私もベッドで寝ていました.暗闇が恐怖を倍増したかもしれません.実際に報告されている時間よりも,長くゆれ続けているように感じました.逃げることなど到底できない,何もできない,ただじっとして治まることを待つしかない大きな揺れでした.

 暗闇で何もできない.いや,できなかったからこそ助かったとも言えました.

阪神大震災と経験に対する覚書き.

 近頃,TVなどで特集が組まれているようですが,この「阪神大震災」について,私なりの経験を残しておこうと思います.

 …ただ書き連ねるのでく,このブログの趣旨(あるのか,ないのか?)に沿うよう,住宅と建築士という立場からの意見も踏まえて生きたいと思います.

 初めに,阪神大震災と銘打ちました.あの時の私の住まいは西宮でした.物理的な被害…即ち,建物などが破壊されるなどの現状は,良く報道されている神戸と同等の被害を被ったと思われる地域です.

 被災地域を正確に表せていないとの考えから,阪神・淡路大震災や兵庫県南部地震との名称もありますことを付け加えておきます.…被害を受けたにもかかわらず,そのまま忘れられてしまうかの様な有り様.

 死者=被害だとすれば,大阪府や京都府もその中に数えられます.しかし,後の報道は神戸市に集中しています.神戸市でも損害の大きかった地域は限られていました.近隣の芦屋市や西宮市の映像が折り込まれ,視聴者には全て神戸市で起こっているかのような報道も多々あります.

 …当時は,このような報道に憤慨もしました.それ以上に間違った情報が行きかいながら,忘れ去られようとしている現在においては,どうでも良いようなこととも思えるようになりました.

 …伝えるべき現実は,今に活かせるものかと,思います.それは,被害の比べっこでもなく,被害自慢ではないのです.

 私は,近親者や知人,それに住居や資産をあの地震で直接的に失うことはありませんでした.ですから,直接的に被害を受けた人から見れば,震災経験を語るものとして不適格者かもしれません.ですから,私の発言は軽率なものも含み,お怒りを買うものもあることでしょう.

 しかし,感情よりは現状を伝えて起きたいと思います.

 そして,地震について考える機会を持って欲しいと思います.

 何故なら,あの阪神大震災をもってしても,本当の地震の恐ろしさを私たちは知らされていないと思うからです.

あけましておめでとうございます.

 みなさま,あけましておめでとうございます.

 元旦早々,娘が熱を出してしまい,全ての予定が変更されそうです.まあ,次女と違って,長女は一日で下がることも有るので,予定通り遊びに連れて行ってあげたいとは思うのですが….

 我が家は,いわゆる正月らしいこともしていないのですが,年末のスーパーは何時に無く込み合っていました.

 元旦でも開いているのに,サービス業の人が可愛そう….

 年末はぼちぼち掃除をしながら,年内に写真の整理をと思っていましたが,一年分溜めに溜めていたので終わりませんでした.

 デジカメって撮れるだけとって,そのままになりやすい気がします.液晶画面で,どんな写真が撮れたかだけ確認したら,満足してしまって….

 ゲーム製作の方は,無駄なくらいドット絵描きにはまってしまい,プログラムのプの字も進んでいません.本の方はざっと内容には触れてみましたが,いまいち具体的なイメージが湧かない内容でした.

 親切な解説と銘打って,教えてあげます的な態度なんですけど,肝心なところは,「それぐらい知っていて当然でしょう.」とか,「そこんとこは自分で考えて.」的な感じで,予想はしていたのですが….

 RPGツクールがこの世に存在する理由がわかったような気がします.

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ