最近のトラックバック

« ピザ窯作成,熱射病に注意! | トップページ | ピザ窯作成,上段アーチ. »

ピザ窯作成,便利グッズ紹介.

 さて,平日はさしてピザ窯作りも進行しないのですが,ピザ窯作成の便利グッズと言うか,手抜きグッズと言うか…,素人を自覚しつつ,補助となるものを紹介します.

 ちょっと大げさでしたが,単なるアルミの角材です.正確に言うとコの字型のアルミ材なんですが,この一辺が10㎜のものを用意しました.

Cocolog1305051

 それで,これを置いておき…,

Cocolog1305053

 耐火セメントを塗り広げます.これでほぼ10㎜厚に目地部分が取れるわけです.
 ただ,私が使用した耐火キャスターという物には砂粒よりもやや大きめの骨材が混じっています.おそらくこの骨材がセメントの強度を高めたり,熱伝導率を高めて,実際に火を入れた時にセメントが割れにくくなるのだと思います.
 しかし,この砂粒より大きめの骨材と,耐火レンガの給水が強いために均一に塗り広げることが難しいです.鏝で塗り広げるときにゴロゴロ感が手に伝わります.そのため,耐火レンガを積んで水平をピシャリと合わすことが難しいです.

 モルタルならば,ハンマーで叩きながら整えて水平を合わすところが,耐火セメントではあまり効果がありません.それに,無理に叩くと耐火レンガ定位置よりづれてしまい,また外れる時もあります.

 そこで,極端に歪んでなければ,許容範囲として上段で修正することにしました.アルミ材を置いて仮置きした耐火レンガに水平器を置いて,傾きを覚えておきます.次にアルミ材をガイドにしながら,鏝を走らせるときに気持ち傾けて調整するようにしてみました.
 正確に言うと凸凹になり,ガタガタにはなるのですが,全体として目標とする形ができたらOKと言うことで作業を進めました.

Cocolog1305052

 垂直側の目地幅もアルミ材で調整します.

 ちなみに,ホームセンターで物色していた時に,ブロック済み用のガイド板を見つけました.諸先輩のブログではべニア板で型枠を作ったものを紹介してました.
 決まった目地幅でレンガを積む時は便利かもしれません.

ポチッとよろしく!

« ピザ窯作成,熱射病に注意! | トップページ | ピザ窯作成,上段アーチ. »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128508/51630328

この記事へのトラックバック一覧です: ピザ窯作成,便利グッズ紹介.:

« ピザ窯作成,熱射病に注意! | トップページ | ピザ窯作成,上段アーチ. »


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ