最近のトラックバック

住まい・インテリア

ピザ窯作成,ピザ窯火入れ.

 小出しにして済みませんが…,
 火入れ式.ピザ窯の報告です.本来,耐火レンガを積んでみたい衝動に駆られたのは,バーベキューコンロ台ではなく,ピザ窯の方でした.正確に言うと,単にアーチを組んでみたかった…とも言えますが.

Cocolog1306084

 ピザ窯は,バーベキューコンロ台の方で着火した炭を3個ほどおいて,その上に炭を置いていきました.こちらも2段アーチの煙突効果で火柱が上向かって上がり始めました.

 なかなか良い感じ!と思っていたのですが,ピザがサクッと焼けるほど温度が上がりませんでした.これは!と思えるようになったのは,そろそろ会もお開きにしようかと言う頃でした.皆さん満腹で,焼きあがったピザが喜ばれることはありませんでした.

 あっ,世話役だった私は,おいしくいただきましたよ.

 う~ん.やはり薪を燃やすか…,上段で炭を燃やして蓄熱を早めるか….次は後者を試してみようと思います.

Cocolog1306085

 今回,火入れ式の着火に用いたコールマンの赤ライター.ライターと言うかミニバーナーですかね.火を着けるのは強風下でも楽です.実用よりもデザインが好きなので,記念撮影を….

 えっ,肝心の肉やピザの焼け具合はどうだったかって?会が始まると写真を撮る気にならなかったので,準備段階までです.それぐらい,美味しかったってことです.

ポチッとよろしく!

ピザ窯作成,バーベキューコンロ台火入れ.

 びっくりするくらい,毎日曜日に狙ったように雨が降ります.

 先週末は土曜日にバーベキューを行いました.その後報告ブログを早々にと思っていましたが,その日は夕刻から行い後片付けやらなんやら,よく日曜日も雨を理由にダラダラと過ごしてしまいました.

 さて,初火入れの様子です.

Cocolog1306081

 今回,炭置きようの網を作ったのですが,炭に空気が回りやすくなるようにと考えたからです.
 写真のように炭を網に置き,その下に丸めた新聞紙を置きました.その新聞紙を燃やして,炭に着火させようと言う仕組みです.

Cocolog1306082

 さて新聞紙が燃え尽きる頃,炭の中央部に火が着いている様子です.金属製のバーベキューコンロでは空気穴が開いていても有効に働かないものが多いので,着火後いつの間にか鎮火していることも多いですね.
 そこで,新聞紙の周囲から空気が入って,熱によって起こった上昇気流で炭が効率よく燃焼するように配置を考えました.

Cocolog1306083

 その結果,中央部に大きな炭を積み上げても次々に燃え始めました.
 今まで,アウトドアでバーベキューをする度に火が着き易そうな細かめの炭を見つけては,まずそれに火を着けて,徐々に大きくしていました.それでも炭が安定して燃え始めるのには時間が掛かり,そのままバーベキュー開始….終わる頃が一番良い感じに燃えている….仕方なく水を掛けて強制終了.なんて事が多くありました.

 どうやら,その問題はクリアできそうな感じです.着火剤なしで新聞紙だけで火を起こせるのなら,上出来かと思います.

ポチッとよろしく!

ピザ窯作成,外観写真.

 このところ,部分写真が多かったので,結局のところピザ窯はどうなってるの?と言う声がチラホラありましたので,

Cocolog1306043

 ピザ窯方向からワンショット.

Cocolog1306044

 バーベキューコンロ台側からワンショット.

 今日は,ご報告まで.

ポチッとよろしく!

ピザ窯作成,型枠撤去.

 週末の火入れ式?と言うか試焼きを前に,型枠を外しました.

Cocolog1306041
 予想よりは,整然と耐火レンガに耐火モルタルが詰まっていました.あまりにもはみ出しているところは,軽くハンマーで叩いて落としました.

Cocolog1306042
 別の角度からもう一枚.下の方は内側から目地詰も行いながら組み上げていたので,鏝押さえが効いています.45度くらいが目地部分がスカスカですね.

 内側から押し込めばよいかと思っていましたが,予想以上に困難な作業でした.鏝で押し込む間もなくボロボロと落下する始末です.結局,手のひらで擦り付けるように押し込むようにしました
 見た目は悪いですが,ゴソゴソしているうちに,内側だから,まぁいいか,って思えるようになりました.

 まあ,火入れをしてみて,不具合があれば,また手を掛けてみようと思います.

 それと,内側の目地詰をしていて思ったのですが,ちょっと涼しいです.さすが耐火レンガを積み上げただけあって,断熱効果もあるのでしょう.下側から冷えた空気の流れがあるように感じられることも,2層アーチ構造にした煙突効果が働いているようです.
 

ポチッとよろしく!

ピザ窯作成,&庭の事いろいろ.

 今日は,思い切って半日休みを取りました.…半日すら思い切らなくてはならない状態が続いてますが,楽しみにしていた日曜日に雨が続いてはと…,

 それで,半日とは言え,やりたいことをしておこうと時間との闘いです.

Cocolog1306053
 長い間,少しづつ作り上げていたウッドデッキの屋根部分.その最後の1枚となるパネルがようやくはまりました.骨組みはSPF材の2×4や2×6を組んだもの.屋根材はカーポート用の材料を使っています.

Cocolog1306052
 次に,バーベキューコンロ台です.
 焼き網を自作したことはすでに話しましたが,炭置き網を作りました.こちらは,100㎜角のメッシュ筋を50㎜ずらして置いただけのもの.耐火レンガに直に炭を並べるよりは火を起こしやすくなるだろうという発想です.

Cocolog1306051
 最後にイチゴのプランターを段々に並べるため台座を作りました.子株がさらに増えてきたので,プランターをさらに増やそうと思い,立体的に置くことにしました.これで,少しずつ重ねておくので4個並べていたものを5個置けるようになりました.

 それとともに,このところナメクジに悩まされていました.その改善になれば良いかと期待しています.それも,彼らは夜に活動してイチゴをちょこちょこかじって,朝にはプランターの下に隠れています.朝,水やりと熟れたイチゴを採るのですが,その時にプランターを動かしてみると,1匹は必ず見つかります.
 穴あき被害が出始めた初日には10匹ぐらい退治したのですが,その後も完全な駆除はならず…,彼らはどこから来るのだろう?
 地面から離せば少しは変わるでしょうか?

 こんなわけで,イチゴ台を作って,設置するまで,あわただしい半日でした.

ポチッとよろしく!

ピザ窯作成.バーベキューコンロ台焼き網設置.

 このところ天気の話ばかりで始まりますが,週末から一転して,晴れ模様.今週はまさに五月晴れとなる一週間のようです.めぐりめぐって,また週末が雨にならないことを祈ります.

 さて,昨日,作ってみた焼き網ですが,バーベキューコンロ台に設置してみました.

Cocolog1306031

 自画自賛ですが,良い感じです.

 調子に乗ってもう1枚.

Cocolog1306032

 
 こちらの方が高さ関係がわかりますでしょうか?

 次は実際に使用する番ですね.

ポチッとよろしく!

ピザ窯作成,バーベキューコンロ台焼き網作成.

 楽しみにしていた日曜日は雨模様となりました.

 雨が上がれば,ピザ窯作り再開と時々,耳を澄ましたり,窓の外を見たりして過ごしました.今日は早く風呂に入って,夕食も早くとってそのあとゆっくりと過ごそうと決めた途端に,雨が止みました.…日没までまだ時間があるかなと思った時に,お風呂が沸きましたコールが鳴りました.

Cocolog1306021
 今日の成果は,バーベキュー用の焼き網を作りました.まあ,雨でも降らなければできなかった作業も残っていました.

 実は,人数が多くても対応できるよう大きめのバーベキューコンロ台をと思って作っていましたが,耐火レンガを積み終えた時点で,そのサイズに合う焼き網がないことに気づきました.
 趣味のホームセンター探索ををしていた時にはそれなりの大きさの焼き網があったように思えたのですが….大きいものは長方形ばかりで,正方形の70cm角となるとみつかりませんでした.

 結果として,コンクリート用のメッシュ筋の100㎜角を使って,7マス×7マスにカットしたものに,ステンレスの網を取り付けました.

Cocolog1306022

 ステンレスの網は害獣除けに売っていたものです.それをメッシュ筋にステンレス線で縫い付けるように取り付けました.
 使用して熱に耐えられるようであれば,合格ですね.
 バーベキューの後,焼き網の手入れが手間なので,安価で作り直せる方法だと期待しています.

ポチッとよろしく!

ピザ窯作成,型枠仕込み.

 さて,梅雨前線も日々北上,南下を繰り返しながら,今週末は雨予報から晴れ予報に変わりつつあります.

 いよいよ,ピザ窯のピザ焼き部分の上段アーチを完成させたいです.

 前後のアーチを先に組み上げてから,間の耐火レンガを埋めるように組み上げる方法をとっていますが,そろそろ耐火セメントの接着力では次に乗せる耐火レンガがずり落ち始めました.適当な角材で支えながら一段ほど積んでみましたが,耐火レンガの重量は想像以上に重く,位置決めを行っている間にずれ落ちる始末でした.

Cocolog1305267

 それで,やはり薄ベニヤでアーチを組んで耐火レンガの支えを作ることに.

 アーチ組の王道ですね…

 しかし,ここまで来て,枠組みに手間を掛ける気にもなれず….組み終った後,枠組みを外す手間もおしい….まあ,そのまま燃やすのも感動的なような気もするのですが….

Cocolog1305268

 まあ,合板の端材と,耐火レンガの積み上げで十分かと….手抜き…否,省力化施工方針は変更せず.

 ぎりぎりまで内部に型枠を組まなかった利点は,内側の目地部分も仕上げていける点にありました.
 綺麗な形に組み上げるには,ちょっと手間を掛けて型枠を作るべきだったかなぁとも思いました.

 型枠を組まずに最後まで,積み上げる事は結果的に不可能でした.

ポチッとよろしく!

ピザ窯作成,便利グッズ紹介その2.

 思いの外早い梅雨入りに,ピザ窯作りも停滞する様相….

 このところの週末雨予想が今週も当てはまりそう.

 今週初め,何気に聞いていたラジオではまだ梅雨入りを宣言していませんでしたが,今週は梅雨のような雨模様になると予報していました.その時,パーソナリティはその様子を「まだ梅雨ではありません,五月雨です5月ですから.」と言っていましたが…

 確か,五月雨と梅雨は同意語だったような….そう言えば,以前,梅雨に入った時の晴れの日に,「今日は五月晴れですね.」と話したら,変な顔をされた.失われ行く美しい日本語が悲しい.

 さて,そんな話はさておき.先日夕方組み上げたアーチの写真3枚です.

Cocolog1305265

Cocolog1305266

Cocolog1305264

 時間がない中,落ち着いて後日にしようか,今しようか悩みながら,焦っても…と思いながらも,早く組み上げたい気持ちに勝てず…

 思いの外,水平が取れて,すんなり収まったので,嬉しがって記念撮影をしてしまいました.

 3枚めは水平器の長さが届かないので,アルミのアングルに乗せての水平チェックです.アルミのアングルは,1本用意しておくと,耐火レンガを積む時も歪みがないか当ててみたりと,重宝します.

 次は,アーチ部を連結するように耐火レンガを埋めていく作業です.省力化を図った,正攻法外の組み上げ方が上手く行くかどうか….

ポチッとよろしく!

ピザ窯作成、上部アーチの全貌公開。

 この日曜日は出勤になっていました。久々の晴れの日曜日だったので残念です。 3時過ぎに力尽きて、もう少し事務作業をと考えていましたが、帰宅することにしました。
 そうなると日没までの時間が惜しく感じられて、ピザ窯と対峙することに…

Cocolog1305261

 だんだんと傾斜がきつくなると,耐火レンガがずり落ちはじめます.さすがに,内側に枠組みか何か支えがないと苦しくなってきました.
 時間的に限られていたので,前面のアーチを閉じることにしました.

Cocolog1305262

 残り3分割されたパーツを組み付けます.

 アーチを組み上げるのは,これで4回目になりましたが,一番素直に収まりました.練習の成果?こうなると1回目のアーチが気ばかり焦ってして,歪んでいたのが悔やまれますが….

 一番目立つ上部の正面が整ったことは良しとしましょう.

Cocolog1305263

 ちなみに,接着剤を併用する禁断のアーチ積みですが…,正面から見るとこの急角度までは自立しています.

 あらかじめ,平場でアーチを組んで,ばらしながら組み上げるわけですが…,耐火セメントの接着力が弱くて一度は,はずれても,ちょこちょこ付着して残ったセメント部分や,耐火レンガの刻印のわずかな凹凸も滑り止めの役割を果たしているようです.
 そこへ,接着剤のわずかな粘り気で,垂直までは不可能にしても最後の1パーツ分まで組み上げることができるようでした.
 がんばってくれた接着剤とともに記念撮影です.

 まあ,火を入れても問題なければOKですが….

 良い子の皆さんは真似しないでね.

 と今のところは付け加えておきましょう.

ポチッとよろしく!

より以前の記事一覧


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ